イギリスに到着する前に、早くも私をびびらせる出来事が起こったw

アメニティ

↑ヴァージンアトランティックのアメニティです。真っ赤で可愛い!

いよいよ出発です

さて、出発の準備をして、参加する予定のワークショップの予約やホームステイ先の家族への連絡も済ませ、いよいよ出発の日がやってきました。

相変わらず腰は痛かったものの、痛みや不安より、高揚感が勝っていたのを覚えています。成田空港に行くことですら、5年ぶりでしたのでわくわくしていました。

成田エクスプレスで、早くも英語を使う機会が・・・!

東京都下に住んでいるので、空港までは成田エクスプレスを使いました。前回、アメリカに旅行したときは在来線を乗り継いで行ったのですが、結構大変だった思い出があったので、今回は快適な方法を選びました。

東京駅あたりでのこと。外国人家族が乗り込んできたのですが、私の席の、通路を挟んだ席に座っていた外国人男性二人組になにやら話しかけ始めました。耳を傾けてみると、どうやら間違った席に座っていますよ、と言っているみたいでした。

私はその男性たちが、車内で車掌さんから切符を買っている?やり取りを見ていたので、何かの間違いだとは思いましたが、とりあえず様子を見ていました。

結構高圧的な言い方をされていたので、かわいそうだな~と思っていると、なんとその家族は私にも声をかけてきました。
「あなたも。ここは私たちの席なんですけど。」みたいなことを言われました。

マジかよ・・・って感じでしたが、とりあえず持っていた切符を見せ合って、席番号を確認したところ、両方とも同じ番号でした。ダブルブッキングだと思い、車掌さんを探してくることを説明するために、初めて英語を話しました。イギリスに着く前から英語を使うと思っていなかったので緊張したw 何度も言っているように、イレギュラーなことに弱いんですよ・・・。

車掌さんを見つけて「ダブルブッキングみたいです。」と言ったところ、「それはない。その人たちは、たぶんちゃんとした切符を買ってないんだよね~。」と言われました。

結局私が別の席に座り、車掌さんは事情をその家族に説明することはなかったのですが、それでいいのか?と思いましたw私はつたない英語でその家族に事情を説明し、なんとかその場をしのぎました。

そんなことがもあり、成田空港までの2時間はあっという間でした。成田エクスプレスは高いけれど、やはりなんと行っても快適ですね。長旅になるので、体力に自信のない方や、初めて成田空港に行かれる方で、不安をお持ちの方にはお勧めの手段です。

成田空港にて

成田空港に着いたのは9時前。出発は13:45分だったので、時間はたっぷりありました。

イギリスでワークショップに参加するために、現金が必要だったので両替をしようとしたのですが、ポンドは特に、手数料がすごくかかるんですよね・・・。事前に調べた結果、マネーパートナーズの外貨両替、受け取りサービスを利用すればその手数料を大幅に節約することができると言うことがわかっていたのですが、残念ながら期限に間に合わなかったので、普通に両替をしました。

機内で自己主張の文化を垣間見たこと

飛行機では隣の席の方が50代くらいのイギリス人女性で、私がガイドブックを読んでいると、お勧めのスポットを教えてくれました。

話をするうちに、彼女はなんと電話番号まで教えてくれて、滞在中にロンドンを案内するから電話してね、と言ってくれたのですが、コミュ力が低すぎる私はどうしていいかわからず、結局を電話することはありませんでしたw

ちょっと居心地が悪かったことがあって、後ろの席の人たちが着陸のときの揺れについて話していたところ、私の隣のイギリス人女性が急に怒り出したのです。そして、後ろの人たちに「揺れの話をするのはやめて!」と、強い口調で言いました。後ろの女性は反論したのですが、やがて黙ってしまい、微妙な空気に・・・。超気まずい思いの私w

その後飛行機が着陸して、隣の女性が後ろの女性に謝ったのです。なんでも、一度飛行機のゆれで怖い思いをしたらしく、思い出したくなかったから怒鳴ってしまったとのこと。後ろの女性もそれを受け入れて、その後は一転して何事もなかったのような、穏やかなムードになりました。

私はその一連の流れを目の当たりにして、ただただビックリしました。さっきまであんなに怒ってたじゃん・・・。西洋の人って、言いたいことは言って、後で言い過ぎたと思ったり間違ったと思ったら、素直に謝るスタイルなのでしょうか。そして後腐れなく去っていくって感じ。自己主張をすることが必要な社会は、私みたいな小心者には生きにくそうな社会だwでもちょっとうらやましい・・・。

明日は、いよいよイギリスに到着した時の思い出を語りたいと思います。

↓続きはこちらから

ホームステイ先での出来事
無事に飛行機でイギリスまで到着したあとは、電車での移動が待っていました。 空港からステ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加