ブルーベルを求めて、Hyde Park と Kensington Gardens を探索しました。

5月に入ってからというもの、ロンドンでは気持ちの良い気候が続いています。晴れの日も多くなってきました。

この前の木曜日もとても天気が良かったので、自他共に認める出不精の私でも、外に出たい気分になったほどですw そこで、前から見たいと思っていたブルーベルの群生を求めて、公園に出かけることに。

ブルーベルはイギリスの道端でも見かけることができるくらいポピュラーな花なのですが、私は自然の中で咲いているブルーベルを見たかったので、咲いていそうな場所を探しました。

ロンドン市内でも、ブルーベルを見られる場所は何か所かあるみたいでしたが、このページによると、Hyde Park ではブルーベルが森の木の下で咲いているっぽい!そして、同じくブルーベルの咲く場所として紹介されているKensington Gardens は、Hyde Park のすぐ隣にあります。

さらにさらに!

別の記事によると、2013年には、子供たちによって40000本ものブルーベルが植えられたというではありませんか!

これは期待大!と言うことで、行先はハイドパークに決定。

ハイドパークの最寄り駅は何か所かあるのですが、私は地下鉄のHyde Park Corner の駅から行くことにしました。

適当に道なりに沿っていくと、公園の入り口が見えてきます。

早速道端でブルーベルを発見したのですが・・・枯れかけです!・・・嫌な予感w

かろうじて形を保ってるといったところでしょうかw

まあでも、木の下に咲いているブルーベルは、直射日光を浴びてないはずだから、まだまだ見ごろなはず、と希望を捨てずに歩きます。

公園内は、場所によっては自転車もオッケーのようです。

川沿いは野鳥がたくさんいました。

人気の少ないほうに進むにつれて、木が多くなってきました。さらに歩き続けていると・・・・

ついにブルーベルを発見!!しかししょぼすぎて、花が咲いているのかすらよくわからないw

なんか・・・・とても貧弱なブルーベルなのですが・・・(笑) というより、終わりかけでしょうか。

そんな中でも、こんな色のブルーベルも見つけました。突然変異?

しかし私は、この時点ではまだ希望を捨てていませんでした。もう少し探せばもっとたくさんのブルーベルが見つかるはず!と思いながら、ほかの場所に行ってみることに。

しばらく歩くと、ハイドパークに隣接するケンジントンガーデンズにたどり着きました。

ここはお花がとてもきれいに咲いていました。この花はとてもいい匂い。ライラックかな?

噴水の広場もありました。

公園の端は、有名なロイヤルアルバートホールにもつながっていました。しかし歩いても歩いても、森っぽいところが見えてきません。

途中でこんな光景に遭遇。この鳥たち、押し合いをして場所を取り合うんですよ!!厳しい世界です。

と、ここでもブルーベルを発見したのですが、全然群生してないw子供たちが40000本植えたんじゃなかったの?とwww

公園の人に聞こうかとも思ったのですが、そもそも管理人みたいな方たちが見当たらなくて断念。逆に観光客らしき人から「ダイアナ妃の噴水はどこ?」と聞かれてしまったw

そして、その日はとてもよく晴れていて、公園でのんびりするにはもってこいの気候だったのですが、歩き回っている私にはとても暑く感じられました。疲労が顔に出ていたのか、すれ違ったおじさんに「Are you alright?」と言われる始末w

全然オールライトじゃないっす!と思いながらも、最後の力を振り絞って、ブルーベルを探し求め続けます。

そしてとうとう・・・

期待していたものは見つけられませんでしたw

遠くから見るとさらに周りと同化していてよく分からないwこれが私の限界でしたw

あとからよく調べてみたら40000本のブルーベルは、ケンジントンガーデンズにある Serpentine Galleriesというギャラリーの近くに植えられたそうでした。そこに行っていれば、もしかしたらもう少し大規模に咲いていたかも。

こういうのは、事前に調べてから行くものですね^^;

ちなみに、私が2年前ホームステイをしたお宅のお庭に咲いていたブルーベルはこちらです↓(これはもしかしたら、ネイティブのブルーベルじゃないかも。)

こちらのお宅はケント州というイギリス南東部にあるお宅だったのですが、このケント州は、イギリスの庭とも呼ばれるくらい素敵なガーデンが多く存在していて、ブルーベルの群生が見られる地域でもあるんです。

特に、ナショナルトラストの Emmetts Garden では、まさにブルーベルの絨毯!と言うくらい、庭一面のブルーベルがみられるそうです。ブルーベルと言ったらまさにこのようなイメージがあったので、今回のは、正直これじゃない感が半端ないww (というより、ロンドンではこれだけのブルーベルがみられる場所は、そもそもないかもしれません。ご存知の方いらっしゃったら教えてください!)

時期もちょっと遅かったかな。来年は、もうちょっと早い時期を狙って、下調べを十分にして、再チャレンジしたいと思います!

ハイドパークとケンジントンガーデンズ自体は、とても広くて散策やピクニックをするにはとてもいい場所だと思います。Zone 1 で交通アクセスも抜群なのに、広い公園中に一歩入ってしまうと、都会の喧騒を忘れさせてくれるようなのどかな気分を味わえます。気持ちをリフレッシュさせるためにも、たまには外に出て、日の光を浴びながら思索するのが大事だな~、と思いました。

東京にもこんな大きな公園がもっと身近にあればいいのにな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加