ロンドンで生活必需品を安く買うコツは、まず最初にWilko をチェックすることだと気づきました!

ロンドンで生活必需品を安く買いたいときや、欲しいけどどこに売っているかわからないものがあるとき、私はいつも最初に Wilko に行ってみます。

先日も、日本から持ってきたパソコン用のマウスの調子が悪くなったので、新しいマウスを探しました。

ちなみに長年愛用していたELECOMのマウス。私のような小さい手でも扱いやすく、近所の電気屋さんで適当に買ったものでしたが、サイドにボタンがついているので使い勝手が良くて気に入っていたのに・・・寿命かな。

私はマウスに性能を求めていないので、できるだけ安いものがよかったので、Wilko に行ってみると・・・

ありました!写真では白飛びしていますが、一番お手頃のものが2.5ポンドとまずまずの安さw 大きさも、もともと使っていたものとほぼ変わらないです。

本当にシンプルなマウスなので、使い勝手はすごくいいというわけではないのですが、タッチパッドに慣れていなかったので、それを使うことに比べたら使い心地は非常にいいです。

(ちなみにPound Land でもマウスは売っていましたが、ちょっとサイズが大きかったので却下。)

このようにWilko では、ベーシックでいいからとにかく安くお願いします!という消費者のニーズに適った商品も見つかるんですよ!(あと、これは個人的な感想ですが、パウンドランドのものより、製品自体に若干安心感があるw)

さらに、プライベート商品とメーカー品の両方が売られているのですが、前者はもちろん価格を抑えた商品が多く、後者もほかのお店に比べてお手頃価格で売られていることが多いです。

しかも、掃除道具から化粧品まで、食料品以外の生活に必要なものがほとんど手に入ります。

キッチン用品や・・・

掃除道具

洗剤などの種類は特に豊富で、半額になっている商品も結構あります。

ちなみにこれ、洗濯機に石灰が付きにくくするための洗剤なのですが、Wilkoオリジナル商品とメーカー品の両方を取り扱っています。オリジナル商品の値段は半額くらいですね。

文房具や

ガーデン用品

布団やインテリア用品まであります。

壁をペイントする用の道具とペンキが普通に売られていることも、イギリスっぽいです。(しかも、そんなに高くないんですね。)


イギリスでは値段と質は比例することが多いとはよく聞くことなので、安易に安いものを求めすぎると安物買いの銭失いになってしまいがちですが、wilko ではまだそういった経験はしていませんので、「必要だけど最低限の品質を保っていればいい」というものを購入するときにお勧めです。

今日は、そんな頼りになるお店、Wilko のご紹介でした^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みなみ より:

    よもぎさん、こんにちは~。

    海外生活での買い物って困りますよねー。
    私はホストファミリーにおんぶにだっこでした。
    cityまで車で2時間半という、なかなか不便なところだったので、大きな買い物は週1だったし、、。

    それにしても、海外のスーパー(モール?)はテンションがあがりますねー。
    見ていてワクワクします♪

    • よもぎ より:

      みなみさん

      分かります!それ!!
      私もアメリカで短期留学をしたときは田舎だったので、
      車がないと大きなショッピングセンターやアウトレットに行けなくて不便だった記憶が・・・^^;
      週1のショッピングは、車社会ならではの買い物の仕方ですよね。

      それに比べたらここはロンドンなので、近場で比較的なんでもそろえることができるのですが、
      やはり日本とは違う品揃えやスーパーのシステムを見ているとワクワクしています。
      まだまだ旅行者気分が抜けないですね^^

      まだ紹介していないお店もあるので、楽しみにしててください~(笑)