うわさに聞いていた、ロンドンの電車に出没するあの人たちに遭遇しました。

ヨーロッパの電車、特にフランスで電車に乗ると、車内で勝手に楽器を演奏したり歌ったりして、(ひどいときは、ただCDを流してるだけという時もあるらしいw)乗客からお金を恵んでもらおうとする人たちがいると聞いたことがあります。

今回私が遭遇したのはそれとはちょっと違うのですが、車内でティッシュを配ってまわる30代くらいの女性でした。

私が乗ったのは、平日の午前中(オフピーク後)、メトロポリタン線の始発駅からだったので、乗客もかなりまばらでした

その女性はティッシュを乗客の隣の空いている席に置きながら、車内を歩いていきました。
これが私の隣の席に置かれたティッシュです。

それを見た瞬間、これが噂に聞いたことがある「お金を恵んでください」系の人か~と分かったのですが、初めてのことだったので、ほかの人はどうしているのだろうと乗客を観察してみると、当然みんなガン無視www

ロンドンの人にとっては、そんなに珍しいことではないのでしょうか。

しばらくするとその女性は戻ってきて、ティッシュを回収していきましたw そしてまた、次の電車で同じことをするのだと思います。でも、あれでお金をもらえることってあるのかな。

また、別の日に同じメトロポリタン線で、違うタイプの物乞いに会いました。(って言うか、物乞いっていう言い方で合ってるかわからないのですが・・・。ほかに思いつかない。)
彼女はもっとストレートで、乗客の目の前に立って、ティッシュの時と同じようなことが書かれた紙を見せてきました。

もちろんみんな、シカトです。

反応がないとわかると、次のターゲットに向かいます。それの繰り返し。

なんか変な言い方ですが、こういうことに遭遇して、ああ、自分は今ヨーロッパにいるんだな、と実感しました。ここは日本じゃないんだって。イギリスと日本は同じ島国でも、周辺国との関係がとても複雑だし、人種も宗教も多様なので、いろんな人がいるんだと。なんかうまく言えませんが・・・。

ちなみにその女性たちは何人かはわかりませんが、見た目は普通の女性でした。身なりもきちんとしているし、体系もすらっとしていました。全然大変なシングルマザーには見えなかったんですよね・・・。なんというか、切羽詰まった感じが全然しないw

もしそれが、本当に生活に困窮しているから行っている行動ではないとしたら、こういう人たちは、どんな理由で・どんな気持ちからそれを行っているんだろうと、疑問に思いました。この辺の事情に詳しい人に教えてもらいたい(人任せw)

日本では経験したことないことを経験した時のお話でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. sah より:

    こんにちは^^
    これ、本当にあるんですね!
    私自身は遭遇したことないのですが、一か月前くらいのメトロ(地下鉄で配布している新聞みたいなもの)に、どこかのマフィアの資金源となっていて、警察が捜査に乗り出している的なことが書いてありましたよ~
    こんなことで資金が集まるのだろうかと疑問は拭えませんが・・・

    • よもぎ より:

      sah さん、こんにちは。
      マ・・マフィアの資金源!あの人たちのバックには、そんな組織がいたなんて!
      驚きですね。
      でもおっしゃる通り、集まったとしてもとても少額な気がするのですが・・・^^;
      ああいうのって、条例とかで取り締まったりできないんですかね。

      ちなみに私が遭遇したのは、両方とも朝の時間帯の、空いている車両でした。
      余計、お金を集めることが難しそうなんだけど・・・(笑)

  2. Paris より:

    はじめまして、同じくロンドン在住です。私も同様の手口を行っている女性にNorthern Lineで遭遇しました。手口から判断すると、ルーマニア人の犯罪組織によるものだと思われます。どうやら彼らの組織内にマニュアルがあるらしく、それに従って行動している為ヨーロッパ各国で共通の方法で行っているようです。(パリでも全く同じ手口でお金を恵んでもらおうとしており、地元のフランス人からは大変嫌われています。)

    • よもぎ より:

      Paris さん

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      なんと!私が出会った女性は、犯罪組織の一員かもしれなかったとは!
      でも、どう考えてもあの方法でお金を手に入れることはできないだろー、と思ってしまいます。
      だって、ティッシュを置いて去っていくだけですからねぇ・・・。

      私はこの時を最後に、こういった人を見かけてはいないのですが、
      やはり場所や時間を狙って行動しているのでしょうかね。

      ルーマニア人と言うことは、ロマの人たちと言う可能性もあるのかもしれませんね。
      ヨーロッパ人の、ロマに対する嫌悪感は、ものすごいものがあると感じたことがあります。
      東欧出身の知り合いは、彼らのことを露骨に嫌っていました。
      「自分で努力しようとしない、恵んでもらうことだけを考えている怠け者だ。」みたいなことを言っていたような。
      実際にそういう人たちとの関わり合いがない私にとっては、何もそこまで言わなくても・・・と思うようなこともありますが、
      身近にいたらそういう風に感じるくらい、迷惑な存在なのかな~と、ちょっと考えてしまいました。

      こういったことに遭遇すると、何とも言えない気持ちにさせられますが、
      異国にいるということを強く感じる瞬間でもありますね。

      有益な情報を、どうもありがとうございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*