Battersea のカーブーツに行く予定の方はご注意を!今月はスケジュールが変わっています。

今月 Battersea Car Boot Sale に行く予定の方は、日にちを事前に確認することをお勧めします。

こんにちは。先々週、またまた Battersea のカーブーツセールに行ってきたのですが、帰り道でこんな張り紙を見かけました。

書かれてある通り、8月は7日、14日、21日の3週にわたって、カーブーツセールが開催されないようです。残念。

なので、再開するのは28日になることにご注意ください。

・・・と、これだけではなんなので、前回のカーブーツセールで手に入れたものをちょっとだけご紹介しようと思います。

左から、布の端切れセット(50p)、オランダの小皿セットと花瓶?(各20p)フランスのエッグスタンド(20p)、後ろのポーチは、British Airways のビジネスクラスのアメニティです。ポーチの作りがしっかりしていていい感じ。50pでした。

あと、この昆虫採集&観察に使う小さなケース。使うことはまずないと思うけど、なぜか惹かれたので買ってしまいました。20p。イタリア製と書いてあります。

虫眼鏡がついていて、ケースに閉じ込めた虫を観察できるようになっています。こんなの見たことない!

そして、バタシーのカーブーツでは、入り口の近くでいつも手作りのお菓子を売っているおじさんがいるのですが、ちょうどおなかもすいたので買ってみることにしました。

なかなか種類が豊富だったので、「この中で一番イギリスっぽいものはどれですか?」と聞くと・・・

おじさんは私の質問を復唱しながらちょっと考えて、ゆっくりとキャロットケーキを指さしました。

やっぱり、キャロットケーキはイギリス人にとっては定番のケーキなのですね。確かに、カフェとかにはたいていありますもんね~。

私もちょうど気になっていたので、食べてみることにしました。

で、写真に写っているもう一つのケーキは何かというと、プディングです。(何プディングかは失念w)

プディングのほうが、なんとなくイギリスっぽい響きな感じがすると思ったのと、どんなものかを食べてみたかったので、「これもください」というと、おじさんは微妙な顔をして、「これはあんまりよくないかも・・・」と言いました。

その日は雨が降ったりやんだりしていて、そのプディングは雨に濡れてしまったそうです。(濡れたといっても、私にはあんまりダメージがあるようには見えませんでした。そもそも、プディングはもともとそんな感じのお菓子ですよね?)

そこでおじさんは、「これはおためしということで、ただであげるよ」と言って、濡れてなさそうなところをくれました。ラッキーw

プディングもイギリスのお菓子なんですか?と聞いたところ、「もちろん。フルーツを漬け込んだりして作るお菓子で、ヴィクトリア時代からあるんだよ~」みたいなことを言っていた気がするw

肝心の味のほうはというと、キャロットケーキはスパイスが効いた、しっとりとしてやわらかめのスポンジでした。イギリスのお菓子らしく、とても甘かったです。家庭の味!という感じキャロットケーキでした。

プディングのほうは、こちらもスパイスとドライフルーツのコンビネーションが絶妙でした。私はおいしいと思ったけど、おじさんからしたらいつものものとは違ったのかな?

このおじさんはかなりの確率で毎回お店を出しているので、今度行ったときもう一度トライしてみようと思います!

そんなわけで、今回は、バタシーのカーブーツセールは、今月は28日だけなのでご注意を!というお知らせ?でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*