イギリスYMSビザ取得で戸惑ったこと その1.資金証明をどうするか

YMSビザを取得するために必要な書類を集めるに当たってまず悩むのが、資金証明の方法だと思います。

YMSの申請には、1890ポンド以上の資金があることを証明するために、

  • 残高証明書
  • 預金通帳
  • 取引明細書

のいづれかひとつを提出する必要があります。(すべて英文のものか、日本語で書かれたものには翻訳をつける必要があります。)

残高証明書と取引明細書には細かな規定があるのですが、ワーホリネットさんによるとソニー銀行と新生銀行しかそれらの条件をすべて満たさないそうです。(詳しくはワーホリネットさんのページでご確認ください。

いろいろな人のブログを読んでいると、わざわざ銀行を新しく作ったりしている人が多いみたい。ちょっと不安になってきた。

となると、私はそれらの銀行の口座を持っていないので、新しく作る必要がありそうなのですが・・・正直めんどくさ・・・、いや、あまり多くの口座を持ちたくないので、私に残された選択肢は、口座がある銀行で英文残高証明書をとるか、通帳を翻訳してもらうかの2択でした。

これ、どっちにするべきかとーーーーーっても悩みましたが、結局、通帳を翻訳してもらうことにしました。

たぶん、都市銀行やゆうちょ銀行の残高証明書でも大丈夫なのだと思います。(万が一ビザが下りなくても、責任は持てませんが^^;)実際に、それらの証明書で何も問題なく発行されたひとも多くいるようです。

私の場合、有給がちょっととりにくい状況なので銀行に行く時間がなかったからと、ビザ取得に関する不安を少しでもなくしたいと思ったので、確実なほうを選びました。

でも・・・・・3500円(泣)さんぜん ごひゃくえん!!

翻訳部分は通帳の1ページ目だけなのに・・・(涙)

まあ、時間をお金で買ったと思うことにします!!w

あ、ちなみに翻訳はワーホリネットさんにお願いしました。とても迅速かつ確実で、些細な質問にもメールですばやく回答していただけました。おすすめですよ!^^

ではでは、今日はこの辺で~!

↓ランキングに参加しています。応援していただけると励みになります^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加