私が「映画で英語の勉強」をしない理由

英語学習に映画を使うことは、本当に効果的なのか

オンライン英会話で、先生にお勧めの勉強法を聞くと、
「英語でたくさん映画を見る」と言う答えが多く返ってきます。

確かに、映画は使い方によっては有益だと思いますが、私個人としては、そういった勉強?はめったにしないです。一番の理由としては、かける時間の割には得られる効果が薄いから。

そこで今日は、私が思う、映画を使った英語学習の良い点と悪い点を考えてみたいと思います。

「映画で英語学習」のプラス面

・自然な英語に触れることができる。

話の内容にもよると思いますが、映画の中で使われている英語は、ナチュラルな話し言葉が多いです。(汚い言葉も多いですが。)

・好きな俳優や女優がいいモデルとなり、モチベーションアップにつながる

好きなキャラクターのセリフは頭に入りやすいですし、真似てみたくなりますよね?キャラクターになりきってセリフを暗誦することは、意味があることだと思います。私は、語学習得には「真似」と言う動作が結構重要だと感じていて、英語が上手い人はそういったお手本となる人を持っている人が多いと思います。

・楽しみながら英語を学習できる(…?)

映画を観ることが好きで、即効性や効率性を重視しないのであれば、楽しみながら英語に触れることができると思います。そして、この「楽しみながら」というのも、語学習得には大切なポイントです。自分の好きなことを英語で行うことは、それだけで大きな効果をもたらすのは明らかですね。

「映画で英語学習」のマイナス面

・映画は長いので、繰り返し見るのに時間がかかる

私にとっては、このことが、他のどんな良い点をもってしても、引っかかる点になっています。言葉やフレーズを覚えるとき、「繰り返し」という動作は重要なファクターになると思いますが、通常の映画は1時間以上と長いので、繰り返し見るためには多くの時間を必要とします。それゆえに、数をこなせないと言う点において非効率的だと思います。

・英語そのものを聞いている時間が少ない

映画はその長さに比べて、実際に英語が話されている時間が短いです。1本の映画の中にアクションシーンとか、音楽と映像だけのシーンが結構ありますよね?話の流れという点では重要なのですが、英語学習という点に重きを置く場合、必要ない部分だと思ってしまいます。

もうひとつ、非常に個人的なことなのですが、私を映画から遠ざける理由のひとつに

・費用がかかるし、映画そのものにあまり興味がない

と言うものがあります。

映画を観る習慣がない私としては、まず映画を用意するところからして難易度が高いです。レンタルショップで借りてくるなんて論外で、Huluにしても、入会手続きに踏み出せないですね。

そんな私ですが、唯一何度も見ている映画がありまして、Buffalo ’66です。

色々と突っ込みどころが多い映画ですがw
シリアスとコメディ(監督は意図していないと思われる)の両立を観たい方にはお勧めです。

映画を見るよりお勧めの英語学習法

このように、映画で英語を勉強することは映画好きの上級者にはお勧めの方法ですが、初・中級者や即効性や効率を求める方、映画をあまり観ない方にはもっとお勧めの方法があります。

それでは、私が継続して英語学習の教材として使っているのは何かと言うと、主に次の4つです。

・YouTube
・CNN Student News
・BBC Learning English
・Umano

これら4つに共通している点は、

・無料で利用できる
・ほとんどが10分程度と短い
・数が多い
・色々なジャンルのテーマを取り扱っている 
です。

一番の特徴は、映画と違って、一つ一つの動画や記事の長さが短いことです。それゆえに反復練習が行いやすく、また、テーマも豊富なので、必ず自分の興味をひくものがあるという点も、高ポイントです。これらのツールを使っての勉強は、「自分の好きなことを英語で繰り返し行う」という、上達のために必要な条件にぴったり当てはまっているので、学習効率も高まると思います。

次回は、それぞれのツールについて詳しく見て行きたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加