お酒は英語力を高める魔法の飲み物???

酔ったときだけ英語がぺらぺらになる!

私はお酒を飲んで酔っ払うと陽気になるタイプの人間なのですが、翌日はいつも自己嫌悪に陥ります。

何であんなにはしゃぎすぎたんだろう、とか、本来の「作っている」自分とかけ離れすぎていて、(つまり本性が表れすぎていて)辛いとか、いつも何かしら後悔します。

まあ、このことは私だけでなく、多くの人が経験することだと思いますが。

先日も、久しぶりに“社交的”な活動をしたので、その反動で翌日は疲れ果ててしまいました。

職場の同僚数人と、何ヶ月かに一回英語をしゃべりに行くと言う目的で、外国人が多いバーに良くいきます。(クラブは内向型の人間には無理だということを、身をもって体験しましたw)

酔うまではいつものコミュ障気味な自分なのですが、酔ってからはもう大変です。英語が出てくる出てくるwと言っても、完璧な英語を話している訳ではないのです。

当然のことながら、お酒を飲んだから英語力がアップしたのではありません。お酒によって、普段は堅く閉ざされた心の壁(理性)が、全開になるためです。

「こんなこと言ったら変かな?」とか、「英語の間違えをしたらどうしよう?」とか、いつもは頭の中でよーーーく考えてから発言するという行動が、お酒の力によって弱められるため、そのようなことが起こるんですよね。

それだけではなく、誰にでも話しかけたりとか、ひょっとしたら絡んでるかも。同僚は優しいので、私がやらかしたことを教えてくれないだけかも知れません。

そして翌日、酔いがさめた後は、普段の自分との乖離に、落ち込みますwいえ、両方とも「自分」なんですが、正反対の人格なので混乱します。

理性優位の普段の自分と、お酒を飲んだときの何も恐れない自分―このふたつを足して二で割れば、バランスが取れた人間になれるんだと思うんだけど・・・。

酔うと英語をしゃべることに対する不安は消え去るのでお酒は好きなのですが、いつも酒臭いわけにはいけませんので、酔わないで心の壁を取り去る方法が知りたいw

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加