えっ?ダイアナ妃が殺されたとき???

先日、イギリスのウィリアム王子が日本に初来日していましたね。

イギリスといえば、去年の春ごろ2週間ほどホームステイをしたのですが、ホストファーザーと皇室の話になったとき、彼が

When Diana was killed~ と言ったんです。

“Kill”に意識が行ってしまい話の流れは全く覚えていないのですが、このkillと言う言葉、ネイティブ的にはどういった意味を込めて使っているのでしょうか。最初は、ダイアナ妃は事故でなく故意に殺されたものだったいう認識から「殺された was killed」と言う表現になったのだと思いました。

しかしよく考えてみると、訳し方の問題のような気がします。

日本語で「殺された」と言うと、「誰かに」殺されたという印象を与えると思うのですが、英語では必ずしもそうではないですよね?

例えば、He was killed in a car accident.
「彼は自動車事故によって殺された」は、普通は「自動車事故で死んだ」と訳されると思います。

とすると訳し方の違いというだけで単に「ダイアナ妃が死んだとき」という意味だったのでしょうか…?

でも、killって言うかな?passed awayとか柔らかい表現を使わなかったのは、私に分かりやすい英語を使ってくれたから。。。?うーん、謎です。

短いですが、以上が、ウィリアム王子の来日で思い出した私の疑問でした。謎を解いていただける方、お便り待ってますw

(ところで、in a car accident って言うんですね。てっきり by a car accident かと思っていました。be killed by a car とは言うみたいです。
こういう細かい使い分けは、最終的には感覚なんでしょうか。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加