内向性について

社会生活を送る上で、特に大勢の人との会話や交流に居心地の悪さを覚え、一人になりたいと思うことがよくありませんか?

自分の考えや感情を口に出して表現することに苦手意識があり、反応が遅い自分にもどかしさを感じることはありませんか?

自分にも当てはまると思った方、もしかしたら、あなたの脳は「内向型」の思考回路をもっているかもしれません。それは単なる性格ではなく、脳の神経回路の仕組みや遺伝子によって形作られていることが、研究によって分かってきています。

私は幼い頃からずっと、人間関係に葛藤してきましたが、それが自身の強い「内向性」によるものだとはっきり認識できたのは、つい最近のことです。それを知るまで、自分がなぜ、人との交流をこんなにも憂鬱で苦手と感じるのか疑問に思っていたし、上手く出来ない自分に嫌気が差すことが多かったです。

内向的な性格は、ネガティブな印象を持たれることが多いのは事実です。だからと言って、外向的な性格になろうとしても、おそらくうまくいかないと思います。あなたが「そうなりたい」ではなく、「そうならなくては」と思っている場合は特に、です。

そのような方法によってではなく、自分の中の内向性を生かし、うまく付き合っていく方法を見つけて実践していくことが、社会でうまく生きるための一番良い方法ではないかと、私は信じています。

まだまだその道を模索するためのスタート地点に立ったばかりですが、強い内向性を持つ者のひとりとして私の経験や考えをお伝えすることで、同じ悩みを抱えている方にとって何かのヒントになればいいなと思っています。

また、このブログを読んで、気づいたことや表現したいことがありましたら、あなたの考えを私に教えてください。すばらしいアイディアは、対話の中から生まれると信じています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加