イギリスで生活するにあたり、日本から持ってきて大活躍しているもの(前編)

個人的に、日本から持ってくるべきだと思うもの

イギリスに来てから一か月以上が経ち、仕事や住むところも決まって必要な手続きも一通り済ませた今日この頃、適応能力が低い私でもこの生活にだいぶ慣れてきました。

日本での生活とは何かと違うことが多く、戸惑うことや不便なこともあるここでの生活ですが、それでも結構快適に過ごせているのには、日本から持参したいくつかのもののおかげだと感じています。

そこで今日は、私が日本から持ってきておいて本当によかったと思うものを、ご紹介させてください。これからイギリス留学やワーホリ、そして中長期の旅行やホームステイをお考えの方の参考になれば幸いです!

その1・レックの髪の毛キャッチャー

これは・・・毎日使っています。特に私の大家さんは超きれい好きなので、すごく感激していました。「これだから日本人の女の子は好きなのよ~(きれい好きだから)」とw(ちなみに私は一人暮らしだとかなりずぼらなので、こんなのは使っていませんでしたw)

でもこれ、本当に便利ですよ!私はサイズ感がわからなかったので小・中サイズの両方を購入したのですが、私のフラットのユニットバスには中サイズでも、このように中の栓を抜いてからしか使えなかったので、大サイズを購入することをお勧めします。

ちなみに100均(ダイソー)で購入したものも持ってきました。こちらも使えますが、形がちょっと複雑なので髪の毛を捨てる時に一度じゃ取れにくいし、排水溝の形状によっては使えない可能性もあります。蛇足ですが、同じくダイソーで買ったシールタイプのキャッチャーは、はっきり言って全然使えませんでしたw 水に負けてはがれちゃう。

なので私のおすすめは、最初に紹介したこちらのキャッチャーですね。裏にミニ吸盤がついているので、シャワーの水圧に負けないし、形がシンプルなので髪の毛を捨てる時もまごつきません。値段もそんなに変わらないし、これは本当にお勧めで、持ってきておいてよかったと思うものの一つです。大家さん曰く、「イギリスでこんなの見たことない!」そうですし(笑)

帰国後追記:こういうタイプの商品、イギリスにはないのかと思っていましたが、パウンドランドでこんなのを発見しました↓↓
私は使ったことがないのですが、イギリスにもこんなの売っていましたよ~と言うことでご紹介しておきたいと思います。

イギリスに来てからは、節約のためにも、飲み物はできるだけ持参することにしています。

で、このブログを以前から読んでくださっている方はご存知かと思うのですが、私、以前この水筒が大活躍しそうって書きました。

でも・・・こちらに来てから一度も使っていません(笑)

なぜなら、渡英直前に、タイガーの超軽量水筒を購入したからです。

私的に、水筒を持ち歩く一番のデメリットは、やっぱりその重さだと思うんです。重い水筒を持ち歩きながら買い物とか、しんどいですよね。大きいとかさばるし。

でもでも!この水筒は神w

なんたって、重さが130g程度しかないんです。性能はもちろん、保温効果は普通の水筒と変わらず、数時間たっても温かいままです。職場のオーナーが、水筒から湯気が出ているのを見て「それ何時間たってもまだあったかいの!?」と、すごく驚いていました。(こっちの水筒だってそれくらいは持つと思うんだけど・・・^^; 軽さに驚いてほしいw)

ちなみにTiger という表記を見て、あのflying tiger だと勘違いしてたので、日本のブランドだよ!と説明しましたw なんとなく、日本の技術力を誇りに思う!みたいな思いは私にもあるみたいです。私自身のこととは、直接的には全然関係ないけどw

最初は300mlって、容量少ないかな~と思ったのですが、私にはちょうどいいくらいでした。(むしろ、いつも飲みきれずに余るくらいです)

日本にいるときは、水筒を持ち歩く習慣はあまりなかったです。先ほど言った「重い」という理由に加え、「用意するのがめんどくさい」というのがもう一つの理由。

しかし、こちらに来てそれは感じなくなりました。節約にもなるし、何よりお茶がおいしい!

生理用品はもちろんこちらにもありますが、どれも結構分厚いwまだ使ったことないので使い心地はわかりませんが、性能も日本のものに比べると劣るかも。

帰国後追記その2:使い心地は意外と普通でした。でもやはり、日本製に比べてしまうと厚みがあり、吸収力も劣る気がします。

私はとりあえず、夜用と昼用を1パッケージずつ持ってきましたが、ロリエの「スリムガード」が超おすすめ!ちょっと高いけど、薄いのに吸収力が抜群です。

こういったものに関しては、日本にいた時と同じものを使えることを、すごく快適に感じているところです。

そして、便利なものはまだあるのですが、長くなってしまったので続きは明日にしたいと思います。

ここまでお読みいただいて、ありがとうございました!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加