英語学習の効率化に役立つ3つのアプリ

ブログを引っ越してきて最初の記事です!少し間があいてしまいましたが、出来るだけ頻繁に更新していきたいと思っています。

さて、早速ですが、今日はスマホやタブレットでも使える、英語学習にとっても役に立つアプリを3つご紹介したいと思います。

英語学習に最適なアプリ

・CNN Student News

実をいうと、高校生だったころStudent Newsに挑戦してみようとしたことがあるのですが、当時の私の英語力では厳しいものがありました。司会のカールさんが挨拶で

“I’m Carl Azuz.”

と自分の名前をいうのですが、苗字の”Azuz”がまず聞き取れない。毎回、「カールなんだって?」って感じでしたw結局、3日坊主で終わりましたね。それから約10年 (年がばれるw) 久しぶりに視聴したら、だいぶ聞き取れるようになっていました。

おすすめの使い方は、1つのニュースを合計3回視聴することです。動画の長さは10分と決まっているので、3回見ても30分です。すばらしい!やり方は以下のとおりです。

1、普通に観る
この時は 「どんな内容のニュースだろう」 と言うことに注目しながら、全体の流れをつかみます。

2、字幕をつけて観る。分からない単語は調べる
聞き取れなかった単語や知らない単語が出てくるたびに動画を停止し、辞書で調べながら観ます。正確さを意識して、細かい部分までつめていきます。

3、もう一度普通に観る
最後にもう一度通して観ます。2回目で分からなかった単語を理解できているかのチェックですね。

注意点としては、知らない単語が出てきてもあまり固執しないこと。

と言うのも、ニュースの特性上、ある特定の出来事の進展状態を毎日報道するため、同じ言葉が明日のニュースでも使われることがあるからです。何回も聞いているうちに自然と覚えます。

そのため私は、ノートに分からない単語を書いて覚えるというやり方はしていません。もちろんそれが有効な方はそうするべきですが、私の場合、ノートをとることに満足して二度とノートを見ることがなかった、という経験が多々あるので、今はそのような方法はとっていません。

いたって普通での勉強方法ですが、これを毎日というのは結構ハードですよ!正直に言うと、私は今ちょっとお休みしてますw

しかし1ヶ月も続ければ、力がつくことは間違いありません。Student Newsには英検1級レベルの単語も多く出てくる上に、内容も政治・経済から自然科学やテクノロジーといった幅広い分野をカバーしているので、英検だけでなくTOEFLやIELTSの試験対策にもなると思います。

・BBC Learning English

イギリスに行く予定なので、イギリス英語も勉強しようと思い、最近このアプリを使い始めました。色々なカテゴリーに分かれていて、一般英語・ビジネス英語から文法や語彙まで、総合的な英語力の強化に最適です。だいぶ前ですが、6 minute Englishというコーナー
で、千葉ットマンが紹介されていましたw

この教材の一番の利点は、やはりイギリス英語が聞けることだと思います。最初に習ったのがアメリカ英語だったから最初はぜんぜん慣れなくて、英語じゃないみたい!と思いましたが、今ではこの音が大好きです。

・Umano

このアプリは個人的に神アプリだと思っています。最大の特徴はなんと言っても、プロのナレーターが、ネット上のニュース記事やブログを英語で読み上げてくれる点です。

もともとはネイティブ向けのアプリだと思われますが、英語学習にも十分使えます。文章はネット上にあるので、音声+テキストで耳と目の両方を使って勉強することができます。

音声スピードを変えることができて、無料利用では数に制限があるものの、プレイリストやお気に入り機能を使って自分だけのライブラリーを作ることができるのも高ポイントですね。

ちなみに私のお気に入りの記事はこれです。
Why does coffee never taste as good as it smells? 
雑学的な内容も面白いし、読んでいるナレーターさんの声が渋いです。

追記:今年の6月12日をもって、Dropboxと言う会社に買収されたそうです。よって、サービスが終了に。残念すぎる・・・。

今回は英語学習に最適な3つのアプリをご紹介しました。
最近いつも思うのですが、こういったアプリの出現で、何かを学ぶにはすごくいい時代になりましたよね。後5年遅く生まれてきたかったですwそうしたら学生時代、もっと勉強に励んでいたはず・・・はないかw

次回は、「英語で独り言」の話をしたいと思います。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加