今までに試した、Boots で買えるスキンケア商品。おすすめの商品や感想など。

今までに試してみたスキンケア用品

前回から続いております、肌荒れのお話し。

洗顔料を使わなくなったら、肌荒れがぴたりと止んだのですが、そこに行きつくまで、保湿が足りないのだと思い、結構な数のスキンケア商品を試してきました。(実際に保湿不足の面もあったと思うのですけど^^;)

使ってみたものの中には良かったのもあるし、これはいまいち・・・と言うのもあったので、一つずつご紹介したいと思います。

使用感などは、あくまでも私個人が感じたことであることはご了承ください。

ではでは、さっそく行ってみます!

結局、何が一番よかったかと言うと・・・

結論から言うと、前回の記事でも触れたように、これら3つの商品が私の肌には合っていました。

アヴェンヌのスプリングウォーターと、Boots の glycerin and rosewater、そして Oilatum Junior のクリームです。

アヴェンヌのスプレーは言うまでもなく、日本でも有名なので使ったことがある方もいらっしゃると思います。

私も日本にいたときに使ってみたことがあるのですが、「ただの水じゃんw」と、あまり効果を感じられず、リピートすることはありませんでした。

でも、イギリスではなぜかこれがあると安心!って感じで、マストアイテムになっています(笑)

Boots で「一つ買うともう一つもらえる」サービスをしていたので、2つ目を無料でゲット出来ちゃいました!ラッキー!

そして、Boots のトラディショナルローズウォーター。これも有名なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

成分を見てみると、香料も入っていて(しかも、この匂いがちょっと年寄りマダムっぽいので苦手な人もいるかもw)肌にいい成分ばかりと言うわけではなさそうなのが気になるところですが、私の肌にはすごくあっているみたいで、肌荒れがひどかった時に使ってみても、そんなに刺激を感じませんでした。

グリセリンの割合が多いのか、すごくしっとりします。日本でいうしっとり目の化粧水と同じ感覚で使えます。

お値段も3ポンド以下ですごくお手ごろなのがうれしい!香料が気になるところですが、特に問題がないのでしばらくはこれで行こうと思っています。

ちなみに、写真右のものは、肌荒れを心配してくれたフラットメイトにもらったもの。Natural Rose からの抽出物を使っているので、香りがブーツのローズウォーターよりナチュラルな感じですw 保湿力は弱めですが、スプレータイプなので、乾燥を感じた時にいつでも振りかけることができて便利です。

そしてこのクリームは、最後に乳液代わりにつけています。

風邪をひいたときにお医者さんに肌荒れのことも相談したところ、(その時点ではかなり改善してきてはいたのですが)このクリームをお勧めされました。

パッケージにもあるようにフレグランスフリーで、子供用なので、さらに低刺激だそうです。

確かに、これはひりひりしませんでした。

試したけどいまいちだったもの

これから先は、使ってみたけどちょっとダメだった~と言うもの。

ただし、肌荒れが最悪レベルの時に使ったものたちなので、もしかしたら今は平気かもしれません。

ひどい肌荒れに悩まされている方は避けたほうがいいかも、と言う商品です。

E45

肌荒れを経験して、まず初めに買ってみたのがこのE45 です。

敏感肌の人に有効だという、この有名なクリーム。これは一番一般的なタイプですが、もっと低刺激なものもあります。

そちらは試したことがないのですが、このE45、私には合いませんでした(涙)これでも刺激が強いくらい。写真右の、かゆみを抑えるための itch relief は比較的マシでしたが、Lotion の方はつけるたびにひりひりしていました。(おそらく、一番肌がひどい状態の時に使ったからと言う理由もあると思うのですが・・・。)

しかもこの lotion、日本人がイメージするような液体ではなく、乳液に近い感じのテクスチャーなので、化粧水的なものを求めて買った私的には期待外れでした。

そんなわけで、このシリーズは意外と刺激があると思うのが私の感想です。

Botanics シリーズ

これは、ブーツで目立つところに置いてあります。aging care や sensitive skin など、目的別にいろんなラインがあって、お値段も手ごろです。

このトナーは、メイク落としもできるふき取り化粧水みたいなのですが、保湿力はかなり低いので、私的には化粧水としては使えませんでした。

なんで化粧も落とせる液体が、化粧水としての役割を果たせるのかいまだに疑問w 化粧を落とした後、顔を水で洗わないのにはやっぱり抵抗があります。

右のセラムは、可もなく不可もなくと言った感じ。

このクリームはダメでした。右がナイトクリームで、左がデイクリーム。結構こってり目のクリームで、やっぱり付けた後はひりひりしましたね。

普通の肌の状態の時に使うのは問題ないと思いますが、肌が荒れているときに使うのは危険だと思います。

番外編:その他使ってみたもの。(効き目があるかどうかよくわからないw)

Locoid Cream は、日本でも皮膚科で処方されることのあるステロイドです。

実は今回、顔の肌荒れに加えて耳の後ろがアトピーっぽくなっていて、耳たぶの下が化膿した感じになっていたんです。

思い返すと、幼稚園の時から小学校に入るくらいまで、その症状が頻繁に出ていて、母が皮膚科でもらった薬をつけてくれていた記憶があります。

その症状は治ってから今まで一度も出ることはなかったのですが、約25年ぶりに再発するとは・・・って感じ。いかに肌の状態が悪くなっていたかと言うことですね。

この Locoid Cream は、ステロイドの中でも弱い部類だそうですが、他のステロイド同様、長期にわたって使うのはよくないそうです。

もし、お医者さんにかかってステロイドを処方された方はご注意を。

ちなみに、肌荒れが治るとともに、耳の後ろのあかぎれ?はきれいに治りました。

隣にある緑の入れ物は、ビタミンB のサプリメント。

イギリスではサプリを飲む人が多いみたいで、(前にお世話になったホストマザーも毎日飲んでました。)薬局のサプリのコーナーは充実しています。

私は安いものを買ったためか、あまり効果は感じられず(泣)日本でもチョコラBB とか飲んでみたこともありましたが、意味なかったような。皮膚科でもらうビタミン剤と何が違うんだろう?(それはよく効いたのですが・・・。)

まあ、今回の肌荒れの原因は身体の外側のケアに問題があったので、いくら中を改善しても効果が見えにくかったというのもあるかもしれません。

写真手前のスティック状のものは、ニキビケアのグッズです。昼に塗る部分と、夜に塗る部分に分かれています。ティーツリーの香りで、結構刺激を感じるかも。効きそうではありますが、私はあんまり・・・w

Bio-Oil (バイオイル)

これは、塗ると傷跡に効果があるというオイルです。日本でも雑誌などに紹介されているみたいですね。

ただし、即効性はないので、数か月間毎日塗り続けなくてはいけないみたい。

成分を見ると着色料や香料も入っていて、あまり顔にガシガシ使いたいとは思わないのですが仕事でできてしまったやけどが腕にあるので、その傷跡にでも使ってみようかなと思っています。数か月も毎日使い続けられるかな?そこが問題。


以上が、今回私が肌荒れ対策として試してみたいろいろなスキンケア用品でした。

最初にご紹介した3つに落ち着くまで結構いろんなものを試してみましたが、こちらのスキンケア事情やグッズを知ることができて、肌荒れはつらかったけど今ではいい経験になったと思えるようになりました。それもこれも、ちゃんと回復したからなんですけどね^^;

身体の中からのケアに気を取られていましたが、外からのケアも同じくらい重要だということも気づきました。特に、イギリスと日本におけるスキンケアの違いは知識として知ってはいても、肌荒れを起こすまでは深く考えていなかったので、いい勉強になったかな。

とにかく、治ってよかったです!(笑)

もし、イギリスに来てから私のようにひどい肌荒れになってしまった方がいらっしゃったら、

・ダブル洗顔を止めてみること(肌を必要以上に洗いすぎない)
・保湿力の高い化粧水をつかってみること

この2点に注意してみるといいかもしれません。

きちんとしたケアをすれば時間はかかるけど必ず治るはずなので、希望をもって(笑)、自分に合ったスキンケア商品探しを頑張ってくださいね!

ちなみに、メイク落としはこれがおすすめです!
肌荒れの話は一応前回で一通りし終わったのですが、一つだけ、メイク落としについて書いていないこ...

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*