見知らぬ人がフラットのドアをこじ開けようとしてきたときの話

↑画像は今回のお話とは関係ないのですが、ホストマザーに連れて行ってもらったガーデンショップで見つけたガラス製のかざりものです。かわいい。

ホームステイ先から自立して、今の家で生活をはじめてからもうすぐ約1カ月が経ちます。

定員が3人のシェアハウスなのですが、大家さんが家をリフォームしてから私が初めての入居者で、つい最近までフラットメイトがいませんでしたw というか、いまだにフラットメイトの方は部屋を使っていません w(まだ前の家の契約が残っているとのことで、そちらに住んでいるみたいです。)快適っちゃ快適だけど、ちょっと心細かったり・・・

というのも、見知らぬ人がドアをこじ開けようとしてくるという非常事態?が発生したのです(笑)しかもそれが引っ越しの翌日というw

私は現在、4階建てのフラットに住んでいますが、玄関のドアはオートロックになっているので、鍵を使って開けるか、チャイムを鳴らして中にいる人に開けてもらう必要があります。私は大家さんから「チャイムが鳴っても、絶対にドアを開けるな」と言われていたのですが、チャイムが何度もなるんですよ!(チャイムというか、ブザーなので急に鳴るとビビるw)

大家さんかな?と思って電話してみたのですが、大家さんではありませんでした。彼女によると、鍵を開けるのがめんどくさい住人が、開けてもらうために適当に鳴らすことがあるから、それじゃないかと言われました。

そういうものかと思って、再び寝ていると(風邪気味だったので。)数十分後にまたまたチャイムが!!そんなに頻繁になるものなの?と思っていたのですが、とりあえずまたシカトしていました。

すると・・・・

なんと、ガシャガシャと玄関のドアを開けようとする音が聞こえてくるではないですか!!w エントランスのオートロックを潜り抜け、私の部屋のドアの前まで来たようです。

さすがにこれにはビビって、ドアのところに行くと、人影が。しかも2人。(ドアの上半分が曇りガラスになっているので、わかるんです。)慌てて誰ですか?というと、ドアについている郵便受けのところから黒人の男性がのぞいてきました。このときの私のビビりようは、マジで半端なかったですw

とりあえず話を聞いてみると、「部屋の内見で、エージェントと11時に約束があるから部屋を開けてくれ。」と言われました。

でも、私の大家さんはエージェントを雇っていないし、おかしいなと思いました。「大家さんから開けるなと言われてるので開けられない。」というと、明らかにいらだった様子。

すると後ろにいた自称イタリア人女性が、「この家は私のもので、エージェントを介して話し合いがあるの。ここの住所は○○で合っていますよね?」というようなことを言ってきましたw住所は合っていたのですが、とにかく私だってドアは開けたくない。その女性にも、「大家さんから開けるなと言われているので・・・。」と言いましたが、このままでは埒が明かないので大家さんに電話することに。

すると、「私はエージェントなんか雇ってないし、内見の予定も入ってない。今からタクシーで向かうから、絶対にドアは開けないで!お願い!!!」と言われたので、とにかくそのことを2人に伝えました。

もう何が何だかわからない感じだったのですが、それから3分くらい?して、男性の方が「ここの住所じゃなかったっぽい。ソーリー。」と言ってきました。

マジでなめてんの?(怒)

私も一応「でもさっき言ってた住所はここですよ!」って確認してみたのですが、「この通りじゃなくて、もう一つ先の通りだった。」とのこと。

そう言い残して、彼らは去っていきました。

それからしばらくして大家さんが到着。事情を説明すると、「変なこともあるもんね~。」と言っていました。変なことってw こちらとしては、風邪で弱っているところにさらに追い打ちをかけられたような出来事だったのですがwでも、来てくれただけありがたかったですけど。

この出来事を知り合いのイギリス人に話したら、ただの間違えだと思うけど、災難だったねと言われ、別のヨーロッパ人には、それは絶対詐欺だ!!と言われましたw(ちなみにこの人はヨーロッパでも治安のあまりよくない国の出身なので、知らない人を見たらまず疑えというタイプの人ですw)

私的には単なる間違えだとは思いますが、それにしても引っ越してきた翌日にそんな目に合うなんて思いもよらなかったので、その後しばらくはブザーが鳴るたびにびくびくしながら過ごす羽目になりました。もうすっかり慣れましたけどね。でも郵便屋さんとか結構鳴らしてくるんで出た方がいいのか迷う。出ないけどw

そんな感じで、今回の私のような体験をする方はそうそういないとは思いますが、もし万が一訪ねてくる予定のない人がチャイムを鳴らしても、絶対にドアを開けないように注意してくださいね・・・なんて、当たり前のことですがw

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加