Omegleと言うチャットサイトの使い方(準備編)と、1ヶ月間使ってみての感想

スポンサーリンク

Omegleで世界中の人とチャットをしてみました

Omegleとは、一言でいうと、世界中の見知らぬ人とチャットが出来るサイトです。

ここ一ヶ月ほどOmegleにはまりすぎて、暇なときは四六時中誰かとチャットをしていたのですが、やっとそのOmegle熱も落ち着いてきたので、(単に飽きてきただけですがw)備忘録もかねて、このサイトで経験したことや思ったことを書き留めたいと思います。

Omegleを使う前に知っておきたいこと

以前の記事でOmegleにちょっとだけふれたとき、『悪名高い』という形容詞を使ったのには訳がありまして、それは何かというと、Omegleは、horny や pervert な人が多いということで有名なサイトだからです。

特にビデオチャットは、見たくないものを見てしまったりして危険らしいですw(私はまだ使ったことがないので分からないのですが。)

それだけでなく、匿名性を利用して、年齢や性別を偽って使っている人もたくさんいるので、ちょっと話が盛り上がったからといって相手を信用せずに、安易にSkype名などの個人情報を教えないようにして下さい。

そのことさえ心に留めて使い続ければ、楽しい時間を過ごせますし、英語力向上にも(多少は)効果がありますよ!

Omegleの使い方

準備すること

早速、Omegleの基本的な使い方を見ていきたいと思います。といっても、難しい設定などは全く必要ありません。ただボタンを押すだけです。

本当にそれだけですw

これがOmegleの最大の特徴かつメリットであると、私は思っています。会員登録などの煩わしい手続きをすることなく、ボタンを押すだけで、匿名のままで会話を始められます。

omegle 4

それでは緊張するという方は、中央部分にある Add your interests という部分に自分の興味があることを英語で入力すると、コンピュータが勝手に、同じ言葉を入力した stranger (見知らぬ人) と、マッチングしてくれます。

たとえば、Japanese や Japan などという単語を入力すると、日本に興味をもった人とチャットが出来る可能性が高まります。そこから話しが弾むことがありますよ。

会話をはじめましょう

準備が出来たら早速、トップページのTEXTという青いボタンを押して、チャットをスタートさせたいと思います。(画像が小さくてすみません)

omefle 2

You’re now chatting with a random stranger. Say hi! You both like japan. というメッセージが出てきて、すぐに会話が始まります。今回は相手もJapanという言葉を登録していたので、You both like Japanというメッセージが出てきました。

このメッセージは複数の単語がマッチしていた場合、すべて書き出されますたとえば、自分がJapanとJapaneseの両方を登録していて、相手もそうであれば、You both like Japan, Japanese と表示されます。

ここからチャットボックスに文字を入力してチャットが始まるのですが、次回は私が行った実際の会話を例にして、流れを詳しくご説明しようと思っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク