ロンドン博物館(Museum of London)は、ファッションに興味がある方にもおすすめの博物館です

スポンサーリンク




ロンドンの歴史と文化が学べる美術館。ファッションが好きな方にも!

ロンドン博物館(Museum of London)は、ロンドンの博物館の中でも規模が大きめで、名前の通りロンドンの歴史と文化の発展を学ぶことができる博物館です。

ロンドンで生活するロンドナーはもちろん、世界都市としてのロンドンに興味がある方には、とても魅力的な博物館になっています。

ファッション関連の展示物もなかなか見ごたえがあるので、そういったものがお好きな方も楽しめると思いますよ!^^

ロンドン博物館へのアクセスと開館時間・入館料など

住所:Museum of London, 150 London Wall, EC2Y 5HN

最寄りの地下鉄駅:Barbican (5 minutes walk), St Paul’s (5 minutes walk)

開館時間:10時~18時/毎日(12月24~26は閉館)

入館料:無料(企画展は有料)

公式ホームページhttps://www.museumoflondon.org.uk/museum-london

補足情報:最寄りのバス停は Museum of London で、4,56,100,388 のバスがあります。

入り口で簡単なセキュリティチェック(バッグとボディ両方)があります。

↑エスカレーターを上った先に入り口があります

ロンドン博物館の個人的な印象と見どころ

一番最初に「ロンドン博物館では、ロンドンの歴史と文化の発展を学ぶことができる」と書いたのですが、それはすなわち、ヨーロッパの歴史と文化の発展を学ぶことと密接に関連しているということを、見学後に感じました。

なぜなら、ロンドンは今も昔も、ヨーロッパの中心的都市の一つだからです。

そのようなことからこの博物館では、ロンドンの歴史はもちろんのこと、その地で生きてきた人々の歩みを通して、ヨーロッパ全体の出来事に思いをはせることができるという点が、とてもユニークで新鮮でした。

また、ロンドンはファッションの流行発信地であるので、ファッション関連の展示物を多く見ることができます。

ロンドンには、V&A や Fashion and Textile Museum と言った装飾の分野に強い博物館がいくつかありますが、このロンドン博物館もそういった分野に関する、なかなか面白い展示物がたくさんあります。

ロンドン博物館で気になった展示物

ロンドン博物館では、ロンドンの歴史が年代別に紹介されています。

ロンドンの各地から発見された出土品。私が当時住んでいた場所で見つけられた物などもちらほらあって、なぜか地元愛のようなものが芽生えるw

子供が興味を持つように、このようなパネルや体験型の展示物がたくさんありました。

実際に親子連れで見学している人たちもいて、子供のころからこういう所に行って地域のことを知るって、いいことだよな~なんて思いながら見てました。

このクオリティの低さが逆にいい味出してるw

こういう、「当時の人たちがどういう風に暮らしていたかを再現!」みたいな展示物って好きです。いろいろと想像が膨らみますよね。

ロンドン博物館では、このような展示が時代別に他にもたくさんありました。

あと、出土品と言ったら土器!(?)

こちらの土器は、日本で言ったら弥生土器タイプのあっさり目な感じですが・・・

これはめちゃくちゃユーモアがあって気に入ったw

時代は下って、こちらは1666年に起こったロンドン大火の時の絵。

ロンドンはこの火事によって街の大部分が焼失したそうです。

そしてこちらは、18世紀~19世紀前半ごろ(だったような・・・?)の、ロンドンの商店を再現した実物大の展示です。

カフェや仕立て屋さん、雑貨屋さんなど、色んなお店のディスプレイがありました。

実物大なので、そこにたっているだけでその時代の雰囲気を味わうことができて、ロンドン博物館の見どころの一つになっている思います。

そして!ロンドンと言えばこのダブルデッカー!

電話ボックスもあります!

第二次世界大戦のロンドン大空襲に関する展示。

この時期はロイヤルファミリーに対する風当たりが強い時期でもあったそうです。

そして戦後。

現代感が一気にアップしたと思うのは私だけ?w

マリークヮントは今でも好きなブランドの一つ。

ちなみに V&A と ブランドミュージアム、そして、Bath のファッションミュージアムでも、マリークワントの製品が展示されています。

いかにも60年代!って感じで、見ていてとても刺激を受けます。

ロンドン五輪に関しては、特設コーナーもありました。

多民族が暮らすロンドン。

私もその一人だったので、こういった展示は特に興味深かったです。

↑ロンドンの近未来とさらに先の未来予想図。

実現可能なのかはさておき、ロンドンならやってくれる気がする・・・w

お土産ショップではロンドンにちなんだ商品がたくさん売っていました。

オリジナル商品を探してみるのも面白いと思います!

ロンドン博物館はこんな感じで、個人的には、かなり見ごたえのある博物館でした。

意外に広いので、じっくり鑑賞するなら1.5~2時間くらいかけてまわることをお勧めします。

おまけ・・・見学後は休憩もかねて、併設のカフェで軽食をとりました。このスープ、マッシュルームのスープなのですがとってもおいしかったので、おなかがすいたらぜひ!

ロンドン博物館の見学のポイントまとめ

  • ロンドンが好きで、ロンドンやヨーロッパについて詳しく知りたい方にお勧めです!
  • ファッション関連の展示もなかなか充実しています。
  • 意外と広いので、じっくり見学するなら時間に余裕を!
スポンサーリンク