ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A博物館) のちょっと変わった(?)楽しみ方。こんなのがあるって、ご存知ですか?

スポンサーリンク




美術品を鑑賞するだけではもったいない!V&A にはこんな面白いものがあるんです!

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)はとても広く、作品も見ごたえのあるものばかりなのですが、私は、V&A の楽しみ方は、ほかに少なくとも3つはあると考えています。

3つのうちの2つは、以前ご紹介した「建物の内装そのものを鑑賞すること」と、「V&A カフェでのランチやディナー」ですが、残りの一つが今回ご紹介する、「Hands-on Discovery Areas」です。

(もしかしたら名前が違うのかもしれないのですが、これからご紹介するのは、たぶんこう呼ばれている場所だと思います。次回行ったときに確認してきますね!(汗))

Hands-on Discovery Areas とは何かというと、↑このようにタッチパネルに触れてそのコーナーのテーマについて詳しく学べるエリアです。

これとは別に、小さい子供向けに、スタッフの方と一緒に遊べる体験コーナーのようなものもあるようです。

で、この機械の何が面白いのかと言うと、そのコーナーにある作品についてもっと詳しく学べるだけでなくて、自分で作品をデザインすることができるんです!

デザインした作品は、自分のメールアドレスを入力すると、メールで送ることも可能です。

パーツごとにいくつかのデザインを組み合わせて、色も選びます。結構細かいパーツに分かれているので、かなりオリジナル度が高い作品に仕上がりますよ!

私のはこんな感じになりました!

これ、地味に楽しいw

ちなみにこの機械は、ジュエリーのコーナーやセラミックのコーナーなどにも設置されているので、興味のある分野を攻めてみてはいかがでしょうか!

こちらは館内のどの辺にあったか忘れてしまったのですが、蔵書票(Exlibris)をデザインできる機械。

これはテキスタイルのデザインより組み合わせが少なくてパターンが限定されるから、いまいちだったかな~・・・。

機械を使った体験だけでなく、このように、実際に身に着けたり触れたりして体験できるものもありました。ただ、同じ地区にある自然史博物館やサイエンス・ミュージアムに比べたら少なかったかな。 V&A の売りは、あくまでこの機械を使った体験なのだと思います。


この機械は、個人的には V&A の隠れた魅力だと思っているのですが、人がいるところでは長時間居座りにくいですよね・・・^^;

でも、ご心配なく!これらの機械が置いてあるところは見学者が少ない場所が多いので、時間帯を選べば思う存分楽しむことができます!

唯一、ジュエリーのコーナーは狭いうえに人気があるので先客がいるかもしれませんが、私はまだ未体験なので、次回行ったときは絶対にオリジナルのデザインを作ろうと目論んでいます(笑)

とても面白いコーナーなので、「こんなのがあるんだ~」と思っていただけたら幸いです^^

スポンサーリンク