意外なことにロンドンは、感覚的には東京と似ているところが多かった

london

ロンドンでの観光

ロンドンの観光名所と言えば、ビッグ・ベン国会議事堂大英博物館などが有名ですよね。ですが今回は、それらのうちのどれにも行けなかったです(泣)

美術館や博物館が好きなので、大英博物館には必ず行く予定だったのですが、2件目のステイ先のホストマザーが別のところに連れて行ってくれたため、日にちがなくて断念。

その代わりに、ロンドンでは買い物をしました。と言っても、お金がないのでウィンドウショッピングが中心でしたが。

いくつかご紹介したいと思います。

リバティ

Liberty

リバティ百貨店は手芸をする方ならよくご存知だと思うのですが、あのリバティプリントで有名なロンドンの老舗デパートです。内装も豪華でした。インテリア好きの方にもおすすめです。

カムデン・タウン

camden town

ワークショップがカムデン・タウン駅の近くにあったので、帰りに覗いてみました。個性的なお店がたくさんあって、原宿みたいなところでした。

マーケットとカーブーツセール

market

マーケットにも行きました。ノッティング・ヒルで開かれるポートベローマーケットと、コベント・ガーデンのアップルマーケット、そしてこのオールド・スピタルフィールズ・マーケットです。

マーケットの多くは曜日によって出し物がかわるそうですが、私が行った木曜日は、アンティーク市でした。こじんまりとしていましたが、古いものが多く売られていました。見てるだけでわくわく。

こういうマーケットも楽しかったのですが、骨董品を扱うためか、お値段が・・・wそんな私みたいな人の為に、フリーマーケットがあります!

イギリスではフリーマーケットのことを Car boot sales と言います。ブートとは、イギリス英語で車のトランクのこと。トランクいっぱいに売るものをつんでくるから、こう言うみたいです。(ちなみに、ガソリンは petrolと言います。gas じゃないよ!と教えられましたw)

私が行ったのは、Battersea Car Boot Sale と言うところです。(写真がなくてすみません。)面白かったのは、売っている人たちとの会話です。値引き交渉とか、意外とすんなり行きましたよ!

商品を見ていると、どこかで見たことのある本が・・・。なんと、私が中学生のときに学校で使っていた家庭科の教科書が売っているではありませんか!

思わず、「これ、私使ってました!!こんなところで見るなんてビックリ!」とお店の人に言ったら、「私もビックリ!」と言ってましたw何でも彼女の息子さんが昔日本に交換留学生として数週間滞在していたとのこと。そのときに貰った本だったらしい・・・。すごい偶然でしたw

ウィンザー城とイートン校

また、別の日には、ロンドンから日帰りで行けるウィンザー城に連れて行ってもらいました。

ウィンザー城

ウィンザー城はエリザベス女王が週末に休養なさるお城です。女王がいらっしゃるときは、王室旗がたてられるそう。

windsor

ちょうど、衛兵交替を見ることが出来ました。演奏している曲はあの有名な曲でした!ほら、「さる、ゴリラ、チンパンジー」の替え歌で有名な・・・w

イートン・カレッジ

イートン・カレッジはイギリス屈指の名門男子校で、ウィリアム王子やヘンリー王子もここの卒業生だそうです。在校生は黒い燕尾服のような制服を着用します。

eton

かっこいいけど、皺になりそうですねw

在校生による構内見学ツアーも行っているそうですが、今回は建物を眺めるだけで満足でした。

ロンドンって、やっぱり刺激的な都市でしたw

他にも、紅茶で有名なフォートナムアンドメイソン、日本でも人気のキャス・キッドソンローラ・アシュレー、主要な駅にある色々なお店など、ロンドンは本当にショッピング天国だと思いました。

その点では東京とどこか似ているところがあるので、そんなにカルチャーショックは感じなかったです。とにかく街並みが洗練されていて、人は多いけれど見るものすべてが美しく感じられました。ここでなら、アートが生活の一部に感じられそう。

また、私は地図を持っていかなかったのですが、いたるところに現在地と有名な建物が描かれている地図がありますので、道に迷うことはなかったです!そういうところも、さすが観光客に優しい国際都市だな、と思いました。

ただし、ひとつだけ不便に思ったことがあります。それは、日曜日にはお店が夕方の早い時間に閉まってしまうこと。中心部にあるスーパーですら、です。観光だからいいけど、生活するとなると大変かも・・・なんて思ってしまいました。 慣れの問題かな?w

明日は、夜のロンドンで経験した危険なこと?についてお話したいと思います。

↓続きはこちらから

今考えると冷や汗がでるような、あぶない出来事でした
Meetupへの参加と、夜間の一人歩き 今回の旅では、直接危険なことに巻き込まれることはなかっ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加