学習意欲がわかない時、どうすればいいか。英語学習におけるモチベーションの維持と、それでも続けることの重要性

スポンサーリンク

英語を勉強する気がまったく起こらない・・・orz

たった今、DMM英会話のレッスンを受けてきました。約2週間ぶりに。

最近、英語を勉強していません。ただいま英語勉強したくないモード全開です。

そうなんです、私、とっても飽きっぽいんです。一つの事にはまるととことんはまるのですが、もって2ヶ月くらいwその後は、見向きもしなくなります。

英語学習も例外ではありません。一度熱が入ると、暇なときはずっと勉強をしているのですが、それが長く続かないのです。よく言うと短期集中型?w

まあ、英語は好きなので、結局はいつか戻ってくる(=英語学習を再開する)のですが。

継続は力なり、ごもっともです。

継続することの重要性なんて、分かりきったことですよね。特に、語学学習においては毎日の積み重ねが重要ですし。だから、本来なら無理してでも続けるべきなんです。

でも、それがどうしても出来なかった。

後でいつも後悔するのは分かっているのにです。あの時続けていたら、もっと上達してたのに、とか。

私がDMM英会話から離れていた理由は、スランプに陥っていたから。英語はぜんぜん上達している感じがしないから、フリーカンバセーションもする気が起きないし、かと言ってマテリアルも難しいのを選択して、さらに落ち込みたくないし・・・。加えて、英検の受験日も迫ってるし。

私は困難に遭遇すると、逃げる癖がありますw

しかしさすがどうにかしないといけないと思い(しかもお金ももったいないしw)、気が乗らないままレッスンを受けることに。

英語から少しの間離れてみて分かったこと

今日久しぶりにレッスンを受けて気付いたことは、やっぱり英語が好きだと言うこと。そんなにブランクも感じませんでした。

もしかしたら限界が来ていたのかもしれません。これ以上無理をすると、英語が嫌いになっちゃうところだったかもしれないと思うと、短期間離れていたのは無意識のうちに自分を守っていたから?とも思います。相変わらず自分に都合のいい考え方ですがw

そこで私が出した結論は、

私は短期集中型なので、無理せずにメリハリをつけて勉強すること。
ただし、休息は2週間以上は取らず、その間も量やペースは落としてもいいので、完全に英語の勉強から離れないこと。

これを守っていれば、とりあえずはよしとすることにしましたw

英語の勉強って、どこからが「勉強」になるの?

しかしそれを心の中で反芻していると、私の心の中に一つの疑問が浮かんできました。

英語の勉強って、何をもって「勉強」というのでしょうか。

Omegleでチャットをすることや、YouTubeでネイティブがしゃべっている動画を見るのも勉強?個人的に、それは勉強にカウントしたくないです。

もちろん、総合的な英語力を高める点では全く無駄なことじゃないと思います。英語に関することなら、どんなことだって英語力アップにつながると信じています。

しかし、「勉強」という言葉から連想されるものに、「試験」という言葉があります。私は、英語の勉強をする、というと、その試験に焦点をあてて、精力的に取り組むと言うイメージを持ちます。

だからやっぱり、私の基準では、英語の「勉強」はしていなかったのです。

…よし、明日からは勉強を再開しますよ!少しずつね。

まずはDMMを休まず受講するところからはじめよう・・・w

スポンサーリンク