M&S のポイントカード “Sparks card” の入手方法

M&S で日常的に買い物をするようになったので、カードを作りました。

簡単なのですが、カードの入手方法や特徴を書き留めておきたいと思います!


まず入手方法なのですが、Tesco, Sainsbury’s のカードとは異なり、オンラインでカードを手に入れることができませんでした!

店員さんに直接カードをくださいとお願いする必要があります。(レジ付近を探したのですが、見当たらなかったのでたぶん自由に持っていけるようにはなってないかも。)もちろん、カードは無料です。

その後、オンライン上で登録を済ませてからでないと使えない(・・・と思います。と言うのも、店員さんにすぐに使えるか聞いたら、オンラインで登録してからじゃないと無理じゃないかしら?私にもよくわからないの、と言われたのでw)

カードを手に入れてすぐに使いたいけど使えそうにない場合は、ポイントの後付けが30日以内だったらできるので、登録してから後日レシートを持って行ってお願いすることもできます。私はこの方法をとったのですが、お店の人は嫌な顔せずにポイントをつけてくれました^^

こんなカードをくれます。

中にはカードが張り付けてあるので、裏に書いてあるカード番号をオンライン上から登録します。

登録はこちらからできます。

↑このページの NEW TO SPARKS? からメールアドレスや個人情報を登録すると、カードがアクティベイトとされます。

そしてこの Sparks Card ですが、Tesco や Sainsbury’s のカードと違って、貯めたポイントで買い物ができるというわけではないようです。

その代わりに、貯めたポイントの数によってオファーもらえたり、新商品やセールの先行案内があったり、イベントに招待されたりするようですね。なかなかユニークなシステムだと思います。

また、カードを使うたびに自分の選んだチャリティー団体に 1p が M&S から寄付されるという仕組みになっています。

あまりボランティアやチャリティーにかかわったことはありませんでしたが、こういう形でかかわることができるというのはとてもいいことじゃない?と、率直に思いました。

ちなみに私は The Woodland Trust と言うイギリスの森林を守る活動をしている団体を選んでいます^^

ところで・・・誕生日を入力する欄があって、自分の生年月日を入力したところ、”You need  to be 18 or over to join Sparks” と言われたのですが・・・18なんてとっくに過ぎて、すでに三十路なんですけどw なぜこんなことが?ww 入力方法間違ってないですよね?謎すぎる~!

結局何度やっても駄目だったので、tell us later を押して後回しにしました^^;


以上、簡単でしたが M&S の Sparks Card についてのレビューでした。

カードづくりのご参考になればと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*