払いすぎたTax が戻ってきた!ダブルワークを辞めた人は、電話一本で tax return (所得税の還付)が可能かも!

以前、私がダブルワークを泣く泣く辞めた理由を日記にしたことがあるのですが、その最大の理由は、イギリスでダブルワークをすると(厳密にいうと、仕事を2つ以上掛け持ちすると)、稼いだ額にかかわらず、2番目の職場から税金が20パーセントも取られてしまうという理由からでした。

仕事を1つ辞めました。辞めたくなかったけど、泣く泣くダブルワークを諦めました。
↑これ、すごくないですか?チュッパチャップスの寿司キャンディー・・・。3ポンドもするらしいw...
イギリス・ワーホリでダブルワークをすることの落とし穴-思ったより稼ぎが少ないのは、これが原因だった!
つい最近の日記でも書きましたが、6月中旬から1か月半、ダブルワーク(仕事を2つ掛け持ち)して...

で、その仕事を1本にしぼるまでに取られた所得税の総額が、上の写真の通り416.40£でした。たった2か月くらいの間にですよ?(泣)

でも、一度取られてしまったものはしょうがないのかな~、年末調整的なもので申請しなきゃいけないのか~めんどくせー、などと思っていたら、職場の方から

「ダブルワークを辞めたってHMRC(税金問題を取り扱う部署)のオフィスに連絡すれば、次の給料日に戻ってくるよ!」

と言われました。

何という朗報!(笑)

で、さっそく電話をしてみましたので、その方法を書き留めたいと思います。

1.辞めた職場から、P45 をもらう。

これは、離職するときに雇用主からもらえる、収入などの詳細が開いてある用紙です。私はメールでもらいました。

ちなみに HMRC に初めて電話をしたとき、これをまだもらっていなかったため、「もらってから出直して来いや!」と言われました(笑)

そこに書いてある収入の総額などをもとに、tax return の計算をしてくれるので、忘れずにもらいましょう。

ちなみにこの P45 は、被雇用者が依頼したら、雇用主は絶対に渡さなくてはいけないものらしいので、前の職場を既にやめていても、くださいと言ってみたほうがいいと思います。

2.HMRCに電話をする。

これ、オンライン登録をして自分で進めていく方法もあるようなのですが、私はめんどくさいので電話で行いました。

イギリス国内からの電話番号は、0300 200 3300 です。

で、まずは自動音声で「要件は何か」と聞かれるので、適当に tax return とか言います。同時にナショナルインシュランスナンバーと生年月日、住所なども聞かれるので、答えられるようにしておきます。

自動音声に基本情報を伝えたら、コールセンターの人とつながるまで待ちます。なかなかつながりにくいときもあるので、辛抱強く待つ必要がありますw

コールセンターの人には、「ダブルワークを辞めたので、それまでに払いすぎていた tax を取り戻したい!」と言うと、話が早いです。

自分がどこにどれだけの期間勤めていたのかは、ナショナルインシュランスナンバーがあればコールセンターの方も把握できているのですが、確認のために聞かれます。

なので、いつダブルワークを辞めたか、どこに勤めていたかなども言えるようにしておくといいと思います。

で、私は最初に電話したときは P45 がなかったために最後まで手続きができませんでしたが、それを手に入れてからは話が早い!P45 に書いてあった収入額を伝えるだけで、コールセンターの人が色々計算してくれて、tax code も書き換えておくわね!と言ってくれました。5分もかからなかったくらい。

「次の給料の時に一緒に振り込まれるから!」と言われたのですが、ここでも疑い深い私は、「いくら戻ってくるのか」、「私の給料日は2週間に1回なんだけど、次の締め日は3日後だから間に合うのか」とか、質問しましたw

私の場合、稼ぎが少ないこともあって(^^;)、今までに取られていた税金(416.40ポンド)は、給料とともに全額振り込まれると言っていました。

そして、この電話で変更した内容が職場に伝わるのが、2営業日以内だと言っていたので、おそらく大丈夫だとも言われました。(3営業日だったかも。すみません、ちょっと曖昧。)

こんな感じで、tax return に必要な手続きは終了。

P45 があって、電話さえつながれば、事はとてもスムーズに運びました^^

そして、後日給与明細を確認してみると・・・

所得税の欄が -416.40になっている、つまり全額払い戻されていました!

それまでに払った所得税(Tax paid YTD)も、0になっています^^

私の収入が雀の涙ほどなのは見なかったことにしてくださいw でもまあ、別に隠すほどのものでもないので、恥ずかしいですがモザイクなしで。 イギリスでオフィスワークでもなく、最低賃金で働くと、フルタイムでもこんなもんですよ~と、厳しい現実(笑)

こんな感じで、今回は払いすぎた所得税を取り戻すための方法をお伝えしました。

年度末まで待たなくても、ダブルワークを辞めて P45 を手に入れたら、すぐに電話一本で手続きができますので、もし私と同じような境遇の方がいらっしゃったら、早めに手続きをしてお金を取り戻しましょう!(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. かな より:

    オフィスワークでしたっけ?
    日本食やさんとアイスクリームやさんはやめて、
    お菓子屋さんで働いているのかと思ってました。

  2. かな より:

    あ、読み間違えてました。
    給与明細もらったんですけど、まだこういうように詳細が書かれていない状態です。
    これどうやって読むんですか?

    • よもぎ より:

      かなさん

      そうなんですよ!オフィスワークは向いてないので・・・(笑)

      給与明細、実は私も読み方がよくわかっておりませんw
      私の場合、計算するのが面倒なので、職場の会計士さんを信じるしかないと思っています(笑)

      かなさんの職場の明細は、詳細が書かれていないタイプなのかもしれないですね。
      私も今までに働いてきた職場の明細は、すべて書いてある内容が違いました。
      もし詳しく知りたい場合は、会社の人に聞くのが一番手っ取り早いと思いますよ~!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*