3ヵ月後の英検1級・1次試験突破に向けて、私がこれから行うパート別の具体的なこと

とりあえず、1次試験を突破するための勉強をはじめたいと思います。

ご無沙汰しております。最近、別のブログをスタートさせたせいで、なかなかこちらのブログにかける時間がとれずにいました(汗)書くことがなくなってきているとも言いますw

そんな中、英検1級に向けた本格的な勉強をやっとはじめました。次の英検までは約3ヶ月あるので、なんとかこの3ヶ月間は飽きずに勉強を続けたい・・・いえ、続けます!w

という良く分からない決意を表明したところで、今日の日記では、英検1級の一次試験合格に向けての対策として、私がこれから行うべきことをリストアップしていこうと思います。

ちなみに、この方法が正しい方法かどうかは分かりません。(当然ですが、まだ合格していないのでw)学習記録として、行ったことを書き留めておきたいと思います。

なので、この時点では皆さんに有益なことをお伝えする事が出来ないのを、先に謝らせてください。ですが3ヵ月後に試験を受けてみて、効果があったかを検証するつもりですので、私の成長記録(?)としてお楽しみいただければと思っています。(あまり楽しみにされる方はいないと思いますがww)

では、早速いってみたいと思います!

ボキャブラリー・語彙対策

英検1級を合格された方の体験談を読むと、人によってPart1の攻略方法に差があるのがよく分かります。

語彙にあまり時間を割かずに他のパートで高得点を取ることで合格を狙う方、その逆で、語彙を増やして、このパートで安定的な点を取ることを目指す方・・・。どのような方法を選択するかは、その人の得意分野によって異なるようです。

私自身は、語彙を強化して、Part1で高得点を目指す戦術を採りたいと思います。理由は3つあって

  1. part1は単純に、知識量の問題だから

    その単語を知っているか・知らないかだけなので、結果に表れやすい部分だと思います。英検1級の単語は、「日常会話では使われない」と言われているのをたまに見かけますが、私はその意見には反対です。ネイティブ同士の(議論などではない)会話を聞いていても、このレベルの単語は普通に使われていますし、自信を持って1級に挑むのであれば、このレベルの単語を避けては通れないと思います。また、ここである程度の点数をとっていれば、他のパートが多少崩れてもカバーできるという安心感を得られるので、私は単語の強化は必須だと考えています。
  2. 単語の強化は、他の分野の能力にも影響を与えるから単語を多く知っていると言う事は、特に、リスニングやリーディングの強化にも効果があるのは言うまでもありません。文章の中で未知語が多くあると、文章全体の内容を理解することが困難になりますし、なにより読んでいてフラストレーションがたまり、楽しくないです。(私は「分からない」状態に、非常にストレスを感じるんですw)このように、単語力は言葉の基本であると言うのが、私の考えです。
  3. 次の試験まで3ヶ月あるので、時間をかけられる5月の試験は逃げたので(笑)、次の試験まで時間があるといえば、あります。この間に単語帳3冊(パス単・旧パス単・文単)を完璧にしたいです。

ちなみに、パス単は2周したのですが、まだまだ全ては覚えられていません。7割くらいかな?そろそろ文単にも取り掛かりたいと思います。

リーディング対策

文章を読むのはとても苦手です。苦手すぎて、1級の過去問には手をつけてすらいません。(たぶん半分くらいしか正解しないと思います。)けれど、避けて通れないのが長文読解ですよね。

今までの私の英語学習歴を省みると、読んできた文章が圧倒的に少ないと感じています。だから読むのも遅いwさらに悪いことに、意味が分からないところにこだわって、先に進めないという悪い癖がありますw

リーディング力向上のためには多読が効果的だと聞いたことがあります。多読をする際に重要なのは、簡単な文章をたくさん読むことだそうです。

そこで私は、英検準1級用の問題を多く読むことからはじめることにしました。これなら難しくて解けないと言うことはないし、やさしすぎてつまらないと言うこともありません。

(スピード力を鍛えるには、より簡単な2級の文章がいいのかもしれませんが、今のところ準1級で満足しているので、当分の間はこの方法でいくことにしました。)

ライティング対策

Writing はほとんどした事がありません。Omegleでのチャットやペンパルサイトでのメールのやり取りは、「書くこと」への抵抗をなくす効果は多少ありましたが、エッセイを書くときのスタイルとは異なります。

ですが、なぜかライティングに不安があまりないですw きっと、自分の意見を書くことによって伝えるのが好きだからだと思います。とりあえず、過去問で傾向をつかみ、英文のスタイル(Introduction, 3 reasons, supporting ideas? conclusion etc…)に慣れるところからはじめようと思います。

リスニング対策

先ほど、試しに5月に行われた試験のリスニングパートを解いてみたところ、part1と2はそれぞれ2問間違いで、part3と4は、なんと満点でした!(ほとんどまぐれですがw)もしかして、このまま勉強を続ければ、リスニングは高得点を狙えるパートになり得るかも。

リスニングは苦手と言うほどではないのですが、私の場合、内容を理解することより、集中力を途切れさせないことと、1回しか聞くチャンスがないと言うことに対する緊張を和らげることが一番大変と言っても過言ではないかもw

それに、会話の内容から答えを推測しながら解いている部分があるので(つまり、はっきりとした根拠を導き出せずに、カンで答えてしまっているところがあるので)、もっと集中して、細かいことまで正確に把握できるようにすることが目標です。

このことからリスニングについては、過去問で試験形式に慣れることと、ニュースやインタビューなどで、英語の音を集中して長時間たくさん聞くことという方式をとっていきたいと思います。

余談ですが、Part4って長いんですね。こんな長い文章が後何問も続くのか~とうんざりしていたら、part4はこの一問だけだということに気付いてほっとしたのはここだけの話ですw

まとめ

こんな訳で、私の今現在の強みはおそらくリスニングで、これから語彙のパートを強化していきたいと思っているので、その二つを軸に、苦手なリーディングをカバーしていく戦術をとりたいと思います。

ライティングは未知数なのですが、近いうちに過去問を解いて、DMMの先生に添削してもらおうと思います。(注:添削してもらう先生は慎重に選ぶことをおすすめします。流暢に話をする先生でも、ライティングとなると、不得意な先生もいると思うので。本当は教養のあるネイティブに頼むのが一番いいと思うのですが、なかなか難しいですね・・・。)

3ヵ月後の1次試験まで、ガス欠にならないように頑張りますw 10月に受ける方がこれを読んでいたら、一緒に頑張りましょう!!

追記:落ちました!w

空白の2ヶ月間で行ったこと・・・とりあえず、英検は受けました
ご無沙汰しております!気がつけばこちらのブログの更新がストップしてから、2ヶ月がたっていました。ずっ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みなみ より:

    よもぎさん、こんにちは~。

    別のブログを始めたんですね!
    そちらも見てみたいです。

    英検私もリベンジです!(落ちました。。。)
    まだ3ヶ月あるし!と思っているとあっという間ですよねー。
    今月末は久々にTOEICを受けるので、それが終わってから勉強しまーす。

    リスニングですが、TOEICのリスニングは結構取れるのですが、今回英検のリスニング平均以下で何気にショックでした。。。
    過去問でトレーニングしないとだめだな。

    更新楽しみにしています~(とプレッシャー?(笑)

    • よもぎ より:

      みなみさん、お久しぶりです!

      別ブログは、こちらです!
      完全に趣味の世界に走ってます。英語学習と全然関係ないwですが、いい息抜きになっています。

      そうなんですよね~。3ヶ月もあると思っていると、いつの間にか3日前だったりw
      そして何もしてなかったと焦る。学生のときに何度そんなことを繰り返したことか・・・。そのときから成長してないですw

      TOEICどうでしたか???私も今年中に1回は受けたいのですが、英検が終わってから考えようかな。

      TOEICのリスニングと英検のリスニングは、やっぱり傾向が違いますよね!
      TOEICはいかに「流れに乗るか」と言うテクニックも、高得点の為に重要なことだと思うのですが
      英検はもっと注意深く聞く必要がありますよね~。どちらにも共通する事は、集中力が必要だということでしょうか。

      更新・・・書きたい事はあるのですが、なかなかまとまらずに後回しになってしまいますw
      せめて1週間に1回は更新できるように頑張ります!