コミュ障の私にも効果があった英会話上達法を、2つご紹介します

色々な勉強法がありますが・・・

コミュ障(あるいは内向的な人)が一番効率的に英会話を習得する方法は2つあると思います。
一つは、マンツーマンのオンライン英会話を利用することで、
もう一つは、先日の記事でお伝えしたとおり、英語で独り言を言うことです。

今日は、一つ目の「マンツーマンのオンライン英会話を利用する」学習法について、お話したいと思います。

今までに試したことのある勉強法

オンライン英会話を始める前、私は

  • 大学の英会話の授業
  • 町の英会話教室(グループ)
  • 教師:生徒が1:2のセミプライベートレッスン
  • 日本に旅行や仕事できている外国人と会話する

主にこのような方法で、英会話と格闘してきましたが、
これらのすべてより、マンツーマンのオンライン英会話をお勧めする理由は、次の4つです。

※ここで言うオンライン英会話は、DMM英会話のことと言う前提でお読みいただければと思います。

低価格で毎日レッスンができる

英会話教室のプライベートレッスンは、非常に高額です。その点オンライン英会話(DMM英会話)では毎日30分コースを月に4000円程度で受けられます。私が会社で以前受けていた英会話のレッスンは、1週間に1回、60分でした。よく言われていることですが、それでは圧倒的に英語に触れる時間が少ないです。

オンライン英会話の毎日30分でもまだまだ少ないですが、それでも私の場合、英語を毎日の生活に取り入れ習慣化することによって、精神的にも肉体的(顔の筋肉とか、口の動き)にも、英語を話すことに少しずつ慣れてきていると思います。

好きな時間に、好きな場所でできる

これは内向的な私にとって非常に重要なことです。そもそも「英会話」は苦手なことなのでやりたくないという前提があるため、できるだけストレスのない環境づくりが大切だからです。よく慣れた自宅で、自分の準備ができたときに行えるのが、オンライン英会話です。

自分の好きなスタイルでレッスンを受けることができる

当たり前ですが、マンツーマンなので、ある特定の生徒だけがしゃべり続けて自分はまったくしゃべれなかったということがありませんし、使用するテキストも自分で選べます。フリートークがいいと思ったらそれを行えばいいし、とにかく自由度が高いです。

何千という数の中から、自分に合った先生を見つけられる

これまで約3ヶ月間レッスンを続けてきましたが、ほぼ毎日先生を変えて行っているので、休みの日や同じ先生を選んだ日を除いても、100人以上の人と話したことになります。こんな機会、なかなかないですよね?

結論

このように、オンライン英会話は費用の面だけでなく、内向的な人にとって、英会話を始めるときに障害となり得る条件が少ないという利点があります。また、内向的ではないけれど、英会話そのものに苦手意識を持っている方にとっても有効だと思います。特に、1番目にあげた理由は、ほとんどの英語学習者に当てはまることだと確信しています。

DMM英会話では、無料の体験レッスンが受けられるので、(それも、1回ではなく2回!)まずはレッスンを受けてみて、自分に会うか会わないかを判断してみることをお勧めします^^

無料体験レッスンはこちらから↓↓↓

それでもまだオンライン英会話に不安がありますか?それでは、次回は一般的に言われているオンライン英会話のデメリットと、それに対する反論をお話ししたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加