Cliveden:ロンドン郊外にあるナショナルトラスト管轄の建物と庭

クリヴデンと言う、ナショナルトラストが管理するお屋敷に、渡英直後に滞在していたステイ先の家族が連れて行ってくれました。

3月上旬だったので、まだすごく寒かった!

イースター前だったので、こんなポスターも貼ってありました。

駐車場から門をくぐるまで、結構長い道が続きます。

豪華です。

このクリヴデンはホテルとしても使われているそうなのですが、すごく敷居が高そうなホテルです。私には縁のない場所かw

お庭や子供たちの遊び場などは一般の人にも解放されているので、雰囲気を味わうことはできます。

このガーデンも、花が咲いたらすごくきれいなんだろうな~。

あ、でも水仙はすでに咲いてました!

そしてこのような森の中を歩いていくと・・・

迷路が出現!w

この迷路、結構難しいんですよ!

ゴール地点にはこんな石碑?があります。

この鳥、イギリスでは至る所で見かけます。ロビン(日本語ではこまどり)という名前だそうです。オレンジ色のおなかがかわいいですよね。

クリヴデンはとにかく広くて、屋敷から離れると森のようになっているので、散策するのもよさそう。ロンドンからは少し離れているのでアクセスはあまりよくありませんが、イギリスらしいのどかな風景が楽しめる場所でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加