イギリス料理(朝食)は、イングリッシュ・ブレックファーストだけではありませんでした

english breakfast

バラエティ豊かなイギリスの朝食

イギリスの朝食と言えば、イングリッシュ・ブレックファーストが有名ですよね。私も、ホストマザーと一緒にホテルで食べました。ビュッフェ形式だったので盛り付け方が微妙ですが・・・。

上の写真の中の黒い丸型の物体は、ブラックプディングと言うのですが、材料に豚の血が使われているんです。食べてみたけど、その話を事前に知っていたので先入観を捨てきれず、残してしまいました。

それ以外は、いろんな味が楽しめて美味しかったです。

でもでも、イギリスの朝食って、このブリティッシュ・ブレックファーストだけじゃないんです!w今回のホームステイではホストマザーが色々な種類の朝ごはんを作ってくれました。

たとえばこのようなものとか

breakfast

半熟より生に近い卵のトップを割って、パンに中身をつけて食べます。ベニシアさんという、京都在住の有名なイギリス人をご存知ですか?その人の番組でこの食べ方を見たことがあったのですが、これを食べたとき、これがそうなのか~なんて、一人で感動していましたw

感動と言えば、私がイギリス料理を食べて見せる反応が面白かったらしく、ホストファザーに “You are funny, in a good way”(だったかな?)とよくからかわれていましたwあと、なんでもチャレンジするのでbraveだとも。イギリス料理を食べることのどこがbraveなんだと思ったのですが、実際にホームステイする人の中には、イギリス料理を受け付けない人も結構いるそうですw

breakfast

これは普通のミューズリーにヨーグルトをかけたもの。ホストマザーはミューズリーと何かを数種類ブレンドしていました。

後はポリッジと呼ばれるおかゆのようなもの!(写真を撮り忘れました)私は大丈夫だったのですが、好き嫌いが分かれる味かも。非常に淡白。

breakfast

これ、面白いんですよ!イギリス流のパンケーキです。ちょっと厚いクレープみたいなものを焼いて、グラニュー糖とレモン汁をかけてくるくると筒状にしたものをナイフとフォークで頂きます。とても朝食とは思えない!w

この他にも色々な朝食を頂きましたが、ホストマザーによると、普段はポリッジとかシリアルばっかりだそうです。

イギリスに限らずですが、欧米の朝食って軽めのものが多いという印象を受けました。あと、野菜があまりないwそれでも、普段食べないものばかりだったので、飽きなかったです。なんといっても、調理の手軽さが一番の魅力かも。朝は時間との戦いですしねw

次回は、イギリスのお菓子について、お話したいと思います。

↓続きはこちらから

イギリスのお菓子と言われたら、何を思い浮かべますか?
素朴で温かみのあるイギリスのお菓子 日本で有名な洋菓子といえば、フランス菓子が多いと思います。...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加