オンライン英会話における先生の選び方のコツ・・・英語能力の高さがすべてではないということ

スポンサーリンク

教えるのが上手い先生だからと言って、自分にとっていい先生だとは限らない

昨日の日記では、私が考える「いい先生の条件」というテーマで、DMM英会話で英語を教えるのが上手い先生の条件を書き出しました。

DMM英会話で150人以上の先生と会話をしてきた私が考える、授業が上手い先生の条件

今日は、その条件に当てはまらないけれど、なぜか印象的な先生のお話をしたいと思います。

先生らしくない先生

150人以上の先生からレッスンを受けてきたなか、私には絶対的な信頼を置く先生が3人ほどいるのですが、(たった3人ですw)そのうちの一人が、昨日挙げた条件にあまり当てはまらない先生です。

どんな先生かというと、一言で言えばやる気がなさそうな先生です。最初の授業では、あくびすらしてましたw

普通なら「何この先生、超失礼!」となるところなのですが、今までそんな態度できた先生はいなかったので、逆に興味を惹かれました。

先生にも人見知りっているんだと、勝手に親近感を持つw

しかし、あくびとかしている割には授業自体はきちんとしてくれるし、こちらがへんなことを言って笑ったら一緒に笑ってくれさえもします。(馬鹿にする笑い方ではなく。どちらかと言うとぎこちないけど。)

その様子を見て、ぴんと来ました。この人は、私と同じ人見知りタイプだ、とw(ためしにAre you shy?と聞いたら、笑いながらNooooって言っていましたが。大丈夫、私は分かってますよ!、と勝手に人見知りだと決め付けるw)

たぶん何回も授業を受ければ、もっとお互いにリラックスして授業を受けることが出来るのだと思いました。

この先生に関してもうひとつよかった事は、無駄な褒め言葉をめったに言わないこと。私のモチベーションを高めようとしてか、ほとんどの先生がお世辞を言う中で、この先生は本当に正直でした。

だからたまに褒められることがあると、自信がつきます。他の先生のどんな褒め言葉より重みがありますw

で、何回か受けているうちに案の定、打ち解けてきましたw相変わらずだるそうな雰囲気は変わらないのですが、私はその「英語を教えてます!!」という感じがしない態度に安心します。変なことを言っても聞き流してくれそうなんです。

オンライン英会話でも、先生との相性が合うかは大切なポイント

この先生の評価*を見ると、結構ネガティブなことが書かれていました。(前述のあくびとか、やる気のなさとかw)すべての方に会う先生ではないことが伺えますが、テンションが高めの先生が苦手な私にはとてもいい先生である事にはかわりありません。

私はこのことから、講師としての能力だけでなく、自分と波長が合うかどうかというのも、先生選びにおいては重要だという考えに至りました。

そんなわけなので、皆さんも自分に合った先生を見つけてくださいね!

ちなみに、最後に受けたときはあくびをしていませんでした。たぶんDMMの中の人に注意されたんだと思う・・・。私的にはそのままでもよかったのですがw

 *DMM英会話には、講師を評価することが出来る機能があり、その評価は講師のプロフィールページに紹介されます。

スポンサーリンク