ホームステイ先での出来事

St. Pancras Station

無事に飛行機でイギリスまで到着したあとは、電車での移動が待っていました。

空港からステイ先に行く電車に乗るには、セント・パンクラス・キングスクロス駅という大きな駅まで行く必要がありました。乗り換えなしで1時間くらいでした。

「セント・パンクラス・キングス・クロス」地下鉄の駅なのですが、「セント・パンクラス」「キングス・クロス」という二つの駅は、場所はその地下鉄と共有しているのですが、地下鉄ではなく地上駅なんです。ややこしい。その上、この駅は新宿駅みたいに複雑に込み合ってはいないものの、広いのでプラットフォームがたくさんあって、一発では分かりにくかったw)

このあたりから、自分がイギリスにいるんだと言う実感がやっと湧いてきて、なぜか怖いものなしでしたw 英語でチケットを買うのにも、プラットフォームの場所を聞くのも、ためらいなく出来ました。それにイギリス人は思っていたよりずっと優しかったですw

ここから地方へ向かう電車に乗り、ケント州Aylesfordという村まで行きました。
Wikipediaによると、人口たったの5000という、端から端まで歩いて周れるくらいとても小さな村です。

ホストマザーの車でステイ先まで連れて行ってもらい、夕食をいただきながらお話しをして、その日はすぐに就寝しました。

翌日は、ホストマザーと村を散策して、近くの町に出掛けましたが、なんと言っても小さな町なので、1時間強で一通り見て回ることができました。上の写真の右上に見えるのは、教会です。本当に、町全体が現代じゃないみたい。とても趣のある町でした。

約1週間の滞在中、ホームステイ先で何をしたかと言うと、料理を作ったり、小学校で行われるバザーやファーマーズマーケットに行ったりという日常生活体験?や、ガーデンめぐりをしました。(ケント州は別名 the Garden of Englandというくらい、ガーデンで有名なところだそうです。)

また、ホストマザーが編み物の先生をしているので、「編み物クラブ」にも参加しましたw

ホストファミリーとの会話では、イギリスの生活様式や歴史、社会制度の話をたくさんしたのですが、そのすべてに小さな驚きがたくさんあって新鮮でした。(たとえば、イギリスの水道料金はちょっと前まで一年単位で払われていて、使用量にかかわらず料金は一律だった、とか、ごみの分別と言う概念が薄い、とか、他にもいろいろ。)

あとはよく言われることですが、もっと日本のことを英語で説明できたほうがいいと痛感しました。自分の国のことって、分かっているようで分かってないことが多いですし、英語で説明するとなるともっと大変!ホームステイをする方は、予習していくといいかもしれません。

次回は、美味しくないことで有名?な、イギリスの家庭料理についてのお話をしたいと思います。

↓続きはこちらから

イギリス料理は本当にまずいのか(イギリス家庭料理・夕食編)
正直、最初は大いに不安でした。何がって?もちろん、イギリス料理の味です。多くの人から、イギリ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加