DMM英会話で、ある先生からフリーカンバセーションはするなと言われたその後・・・

最近、DMM英会話の授業が順調すぎて怖いくらいなのですが、この波に乗って (?) ある先生の授業をもう一度受けてみることにしました。

そのある先生とは、以前の日記でお話しした「フリーカンバセーションはただの雑談だからするな」(意訳)と、フリーカンバセーションばかり選択している私に、授業のしょっぱなから忠告してきた先生ですw

その先生の言葉で私のDMM英会話に対する意欲は削がれ、しばらくの間授業を放棄したことは、以前にもお話ししました。

(↓詳しいことはこちらの日記に書きました)

そんなんじゃ、いつまで経っても英語力はあがらないよ?

しかし、自分の好きなことは多少の困難や挫折があっても続けられるんですね。結局、2週間ほどしてまたレッスンを再開したのですが、その先生に言われた言葉がずっと心に引っ掛かっていました。

そして、先生の教え通りマテリアルを使った授業を受けはじめて、なんとかいい感じに勉強ができている今、もう一度その先生にリベンジしたい (言葉のチョイスが変ですがw) と思いはじめ、レッスンを受けたのが昨日のことです。

デイリーニュースを選択していたのですが、なかなかはじまらない。すると先生は、元気でしたか?みたいなかるーい感じの会話をはじめたのですが、それはまさしく、ただのフリーカンバセーションでしたw いや、先生、フリーカンバセーションは避けろって言ってませんでした?という感じで拍子抜け。

まあその会話のなかで、私がなぜフリーカンバセーションを選び続けたかという理由をきちんと説明できたので、私の「リベンジ」は達成されたのですが。

先生から言われたことで納得がいかなかった事は、私が変わったと言っていたこと。前はとてもシャイでほとんど喋らなかったと言っていました。

(これに対して、変わって「見えるだけ」という反論をしたら、なんか理解してくれましたw)

シャイというより萎縮してたんですよ、先生。だって、フリーカンバセーションを選んだ私にいきなり「カンバセーションはするな」ですもんw

それが昨日は、先生と普通に会話が出来ました。上手くいった理由を自分なりに考えてみると、

  • 自分の意見を主張したいと言う欲求が強かったから
  • 最近、授業を滞りなく進められていることによって自信がつき、心に余裕が出来て話すことに対して以前より積極的になったから

でしょうか。

成功体験は自信につながりますが、それよりもっと自信を与えてくれる事は、失敗や課題を乗り越えてきた経験だと思います。

私の場合、以前失敗したこの先生との会話を上手く乗り切った事は、確実に自信につながりました。この経験から、もし他に手ごわい先生が現れても、努力すればきっとそれも乗り越えられると言うことを確信できるようになりました。自分を信じられるようになってきた気がします。先生が言う言葉も。

今まではどんなに先生が褒めてくれても、単なるお世辞だくらいにしか思わなかったのですが、そんなに自分を卑下する必要もないのかと思えるようになって来ました。(褒められないようになってこそ一人前だと思いますが、千里の道も一歩から、ですからね!w)

スポンサーリンク
スポンサーリンク