イギリスワーホリから帰国して約1か月半、次は、ドイツにワーホリへ

・・・行こうと思っていたのですが、たぶん行かないことにします。

パスポートの期限が切れかかっていたので更新して、ドイツ大使館の予約も取っていく気満々だったのですが、書類集めや保険の契約を進めているうちに、

「めんどくさっ!」

と言う思いが強くなってしまいました(笑)

ドイツへワーホリに行くことは、イギリスのワーホリ期間が残り半年になったあたりからずっと思ってきたことでした。

なんか、「イギリス生活もあと半年か~。」と思うと、すごく悲しくなったんです。

そんな中で、「ドイツでワーホリ」と言う選択肢があることを思いついたのですが、その時突然、先ほどの悲しみが吹っ飛びましたw

また戻ってこれるじゃん!、と。

しかし、いざ申請時期が迫ってくると、なぜか気分が重くなりました。

日本に帰国してからしばらくは、まだまだヨーロッパで生活してみたい!と言う気持ちが強かったのですが、いざ日本で生活をはじめると、ここでの生活が快適すぎて、「私は本当にドイツに行きたいのか」という疑問が浮かんでくるようになって・・・。

イギリスのワーホリでは、手続きが大変だと思ったことはあれど、めんどくさいと思ったことは一度もなかったんですよね。

なぜなら、イギリスで生活することに対する憧れや期待、うれしさと言う感情がとても強かったから。

でも、今回のドイツに対しては、そこまでの気持ちを持つことはできていません。

ちなみに、1月にベルリンに行ったのはワーホリの下見を兼ねてのことだったのですが、とてもいい街だと思ったし、そこで暮らせる自信はありました。今でも暮らしてみたいとは思う。

でも、やはりめんどくささがワクワク感を上回るかな、と言うのが正直な気持ちです。

結局のところ、ドイツでワーホリをしたいという、自分を突き動かすだけの明確な理由がないので、このまま手続きを進めてもおそらくうまくいかないだろうとは思っています。

まあ、こんな結果になるだろうな~と言うことは、イギリスにいた時も想像はしていたので、なんとなく予想はできていましたが。

ただ、今までの経験上「最初は嫌だと思ってたけど、終わってみるとやってよかった~」と言うことが何度もあるので、「絶対行かないほうがいい」とは言い切れないのも本当です。(やってみてやっぱり駄目だったことも同じくらいあるけどw)

イギリスで生活するという非日常から現実に戻され、好きなことだけをするという日々を送ることができなくなることに対しての逃げだろうな~。

分かってはいるのですが、なかなか、この気持ちの迷いを拭い去ることができずにいます。

これから自分がどうなりたいか、どういう道に進みたいかと言うことは、自分の中では結構明確に見えているのですが、(特に)日本にいると色んなしがらみがあって、なかなか難しいですね。

いや、そういうものに打ち勝つくらいの想いや努力がないと、自分のやりたいことを実現させるのは難しいのかもしれない。

帰国後初の日記がなんだかよく分からない感じになってしまいましたが、とりあえず、こんな感じです。

ぼちぼち、イギリスでの日々のことなども振り返っていきたいと思います^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加